ShazamKitの紹介

ShazamKitを使用して、Appに音声認識機能を実装しましょう。Shazamの膨大な音楽カタログをベースに、何百万曲の音楽をマッチングしたり、ビデオ、Podcast、その他の音源からカスタムカタログを作成して、事前録音された音声を認識したりすることができます。

数秒で曲を特定

音楽認識を利用して、Shazamの音楽カタログにシームレスにアクセスできる機能をAppに実装しましょう。ShazamKitを利用して、ユーザーが曲名、アーティスト名、ジャンルなどを調べられるようにして、Appの体験をさらに豊かなものにすることができます。曲のどの部分がマッチしたかを確認することで、コンテンツをユーザー体験に同期させることも可能です。

ユーザーが調べたデータを保存して、コントロールセンターのミュージック認識の履歴に表示されるようにしてください。

WWDC21の「ShazamKitの紹介」を見る(英語)

音楽以外のオーディオ認識

事前に録音したカスタムのオーディオを使って独自のカタログを作成し、オーディオを認識できるようにすると、セカンドスクリーンにおける体験を創り出したり、オーディオの再生に合わせて動作する機能を構築したりできます。

「ShazamKitを使用したカスタムのオーディオ体験の作成」のCode-Alongを見る(英語)

高い信頼性

プライバシーへの配慮:オーディオがAppleと共有されることはなく、オーディオシグネチャの逆変換はできないため、コンテンツの安全性とプライバシーが保たれます。

信頼性が証明されているデータソース:Shazamの音楽認識テクノロジーは、全世界の何百万人ものユーザーから信頼されています。

各プラットフォームへの対応:iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSでのオーディオベースの体験を構築できます。ShazamKit SDKはAndroidでも利用可能です。

今すぐ始める

Shazamの高性能な音声認識機能をAppに組み込んで、Shazamの音楽カタログまたは独自に作成したカスタムオーディオのカタログとマッチングしましょう。

Appleプラットフォーム

Human Interface Guidelines

ShazamKitを利用する際のデザインに関するベストプラクティスを学びましょう。

ガイドラインを見る(英語)

ShazamKitフレームワーク

音声認識機能を搭載したAppの構築方法を詳しく確認しましょう。

ドキュメントを見る(英語)

Shazamカタログの音楽認識

Shazamのカタログから音楽を認識するには、ShazamKitサービスを有効にする必要があります。「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)」の「App Services(Appサービス)」セクションで、「ShazamKit」のチェックボックスを選択してください。

ドキュメントを見る

Android

Android向けのShazamKitを使用すると、AndroidのAppに音声認識機能を追加できます。

ドキュメントを見る(英語)

Android向けのShazamKit SDKをダウンロードする(英語)

メディアID

Shazamサービスとやり取りするには、「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)」でメディアIDと秘密鍵を作成し、デベロッパトークンに署名してください。

ドキュメントを見る