WeatherKitの紹介

WeatherKitを使用して幅広いデータに基づく有益な気象情報をAppやサービスで提供することにより、ユーザーが最新情報を確認し、身を守り、備えるのをサポートすることができます。iOS 16、iPadOS 16、macOS 13、tvOS 16、watchOS 9向けにはプラットフォーム固有のSwift APIを使用し、その他すべてのプラットフォーム向けにはREST APIを使用することで、AppでWeatherKitを簡単に利用できます。

Apple Weatherの活用

WeatherKitは、最先端でグローバルな気象予報サービスである、まったく新しいApple Weatherサービスを活用しており、タイムリーかつ地域に密着した気象情報によってAppを強化するために必要なあらゆるデータを提供します。これにより、現在の気象状況のほか、10日間の気温、降水量、風、UV指数などの時間別の予報をAppで提供できます。一部の地域では、今後1時間の分刻みでの降水量や、重大な気象警報も提供できます。

簡単に使える

WeatherKitには、最新のSwiftシンタックスを活用したSwift APIが含まれています。さらに、Swiftの並行処理により、わずか数行のコードで簡単に気象データをリクエストできます。WeatherKitはカスタマイズもできるため、必要なデータだけをリクエストすることが可能です。また、WeatherKitは定評のあるFoundation APIおよびCoreLocation APIの上に構築されているため、測定値の整形、単位の変換、位置情報の取得が簡単です。

プライバシーを第一に

プライバシーに対するAppleの取り組みとも足並みを揃え、WeatherKitはユーザーのデータを侵害することなく、地域に特化した予報を提供できる設計になっています。位置情報は気象予報を提供するためのみに使用され、個人識別情報との関連付けや、リクエストの追跡は一切行われません。

WeatherKitを今すぐ使い始める

Xcode 14をダウンロードして、要件、ドキュメント、リソースを確認しましょう。Dark Skyの気象サービスから移行する方法も確認できます。

今すぐ始める