App内課金のプロモーション

iOSでは、ユーザーがAppをダウンロードする前に、App Storeで直接App内課金を確認して購入することができるようになりました。プロモーションの対象になったApp内課金は、プロダクトページや検索結果に表示されます。また「Today」タブ、「ゲーム」タブ、「App」タブで特集されることもあります。このページでは、以前はApp内でのみ表示されていたコンテンツをApp Storeで見つけてもらいやすくするための効果的な方法についてご紹介します。

概要

プロダクトページでは、宣伝できるApp内課金アイテムの数が増え、同時に最大20個のApp内課金アイテムまで対応するようになりました。そのため期間限定価格でのプロモーションや限定コンテンツの配信といったビジネスのニーズに合わせ、プロダクトページに表示するApp内課金をいつでも柔軟に変更することができます。

またApp内課金を宣伝することで、Appのダウンロードを促すこともできます。プロモーション対象のApp内課金を購入しようとするユーザーが、そのApp本体をインストール済みでない場合は、購入前にAppをダウンロードするよう求められます。Appをダウンロードすると、そのApp内でトランザクションを続行できます。

購入フローをシームレスにする

ユーザーがApp StoreでApp内課金を購入しようとすると、Appの画面に切り替わり、そのApp内でトランザクションが継続されます。ユーザーの購入手続きをできるだけ簡単にするため、Appが起動したらすぐに支払いシートが表示されるようにすることをお勧めします。また、不要なインタースティシャルやメッセージは避けてください。追加の手順が増えれば増えるほど、ユーザーに購入手続きを完了してもらえる可能性は低くなります。自動更新サブスクリプションを提供する場合、App内の購入フローで自動更新の仕組みについて説明する必要があります。

App内でのサブスクリプションの提供についてさらに詳しくは、自動更新サブスクリプションを参照してください。

プロモーション対象のApp内課金をカスタマイズする

SKProductStorePromotionController API(英語)を使用すれば、ユーザーが利用しているデバイスに応じて、表示するプロモーション対象のApp内課金を変えることができるようになります。たとえば、ユーザーのデバイスで購入済みのアイテムを非表示にすることや、ユーザーのゲームプレイに合わせて最も関連性の高いゲームレベルを表示することができます。詳細については、「StoreKitの新機能(英語)」をご覧ください。

お試し価格

自動更新サブスクリプションでは、新しい利用者を獲得するための割引価格や無料トライアルを提供することができます。自動更新サブスクリプションがプロモートされているApp内課金の場合、iOS 11.2以降を使用している該当するカスタマーにはお試し価格がApp Storeで表示されます。

お試し価格についてさらに学ぶ