自動更新サブスクリプション

App内でデジタルサブスクリプションのシームレスな体験を提供しましょう。StoreKit APIを活用すると、すべてのAppleプラットフォームのApp、およびApp Storeの全カテゴリのAppに、シンプルかつ効果的に自動更新サブスクリプションを組み込むことができます。

    概要

    自動更新サブスクリプションとは、ユーザーがAppのコンテンツ、サービス、プレミアム機能を継続的に利用できるようにするものです。各サブスクリプションの期間が終了すると、ユーザーがキャンセルしない限り自動的に更新されます。ユーザーはiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS上でサブスクリプションに登録できます。

    サブスクリプションを提供するAppは、ユーザーにとって価値のある、革新的なApp体験を継続的に提供することで、定期的な支払いに値するものになります。サブスクリプションモデルの導入を検討している場合は、機能強化やコンテンツの拡充で、Appを定期的にアップデートすることを計画しましょう。

    新しいゲームレベル、コンテンツの新しいエピソード、サービスとしてのソフトウェア、クラウドサポートなど、様々な種類のAppでサブスクリプションを活用することができます。その他にも、実質的なアップデートが定期的に提供されるApp、コンテンツのライブラリやコレクションにアクセスするAppなどもサブスクリプションに適しています。サブスクリプションのApp内課金は、他のApp内課金タイプと一緒に提供することができます。

    準備

    App内課金の一種であるサブスクリプションを提供するには、AppでStoreKit APIを使用し、サブスクリプションをApp Store Connectで設定して、1つのサブスクリプショングループ(ユーザーが選択できる、様々なアクセスレベル、価格、期間で構成されるサブスクリプションのグループ)に割り当てる必要があります。サブスクリプションを作成したら、名前、価格、説明などの詳細情報を設定します。この情報は、Appのプロダクトページの「App内課金」セクションに表示されます。対象のサブスクリプションが、Appが対応しているすべての種類のデバイスで利用できることを確認してください。また、App内で、サブスクリプション登録者が自分のサブスクリプションのステータスを確認できるようにしたり、アップグレード、クロスグレード、ダウングレードのオプションを選択できるようにしたり、自動更新サブスクリプションの管理またはキャンセルを簡単に行えるようにすることをお勧めします。デザインと審査に関するガイドラインに必ず従ってください。準備として、以下をご確認ください。

    サブスクリプションのガイドラインの理解

    サブスクリプションを作成する前に、優れたユーザー体験を提供するための種々の要件や、ベストプラクティスを理解しておくことが必要です。以下のガイドラインでは、サブスクリプションに含めるべき内容、Appでサブスクリプションを提示する方法、既存のサブスクリプションに変更を加える方法、無料トライアルを提供する方法などについて詳細な情報が掲載されています。

    1年経過後に純収益率が85%に

    自動更新サブスクリプションは、App Storeにおける他のビジネスモデルとは純収益の構造が異なります。サブスクリプション登録者の最初の1年間、デベロッパはそれぞれの課金サイクルで、サブスクリプションの価格の70%から税額を差し引いた金額を受け取ります。サブスクリプション登録者の有料サービスの日数が1年分累積されると、デベロッパの純収益率はサブスクリプションの価格の85%から税額を差し引いた金額に引き上げられます。

    仕組みは次のようになっています。

    • すべてのAppleプラットフォームの自動更新サブスクリプションで有効です。
    • 有料サービスの日数には、有料の価格設定オプション(都度払い、前払い)が適用されたすべての種類のサブスクリプションオファー(お試しオファー、プロモーションオファー、オファーコード)の利用期間が含まれます。
    • 無料トライアルおよび更新日の延長期間は、有料サービスの日数に含まれません。
    • 有料サービスの日数は、サブスクリプションのグループごとに計算されます。
    • 同じサブスクリプショングループ内のサブスクリプション間でアップグレード、ダウングレード、クロスグレードが行われても、1年間の有料サービスの計算には影響しません。
    • 現在App Store Small Business Programに登録しているデベロッパは、有料サービスの日数が1年分累積されているかどうかにかかわらず、それぞれの課金サイクルでサブスクリプションの価格の85%から該当する税額を差し引いた金額を受け取ります。

    キャンセルや請求に関する問題が原因でサブスクリプションが期限切れになった場合、有料サービスの日数の累積は停止します。60日以内にサブスクリプションが更新された場合は、その更新日から有料サービスの日数の累積が再開されます。

    サブスクリプションの作成

    自動更新サブスクリプションを設定するには、App Store Connectを使用します。各サブスクリプションプロダクトは、サブスクリプショングループの一部として作成し、レベルを割り当てる必要があります。サブスクリプショングループの設定は、利用できるコンテンツやサービスのサブスクリプション方法や、サブスクリプションの切り替え方法に影響を及ぼします。また、請求の時期や収益率もこの設定によって決まります。サブスクリプションを作成する前に、自分のビジネスモデルにはどのような設定が適しているかを理解するようにしてください。

    サブスクリプショングループの作成

    提供するサブスクリプションはすべて、1つのサブスクリプショングループに割り当てる必要があります。サブスクリプショングループは、アクセスレベル、価格、期間が異なる複数のサブスクリプションで構成されているため、ユーザーが自分のニーズに最適なオプションを選択できるようになっています。ユーザーが1回に購入できるのはグループ内の1つのサブスクリプションのみであるため、ほとんどのAppでは、グループを1つだけ作成することがベストプラクティスです。これにより、ユーザーが複数のサブスクリプションを誤って購入してしまう事態を避けることができます。

    ユーザーがAppで複数のサブスクリプションを購入できるようにする必要がある場合(ストリーミングAppで複数のチャンネルのサブスクリプションを提供する場合など)は、各サブスクリプションをそれぞれ異なるグループに追加することもできます。複数のグループのサブスクリプションを購入したユーザーには、サブスクリプションごとに請求が行われます。ユーザーがあるグループのサブスクリプションをキャンセルし、その後別のグループのサブスクリプションを新たに購入した場合は、更新日が変更され、有料サービスの日数もリセットされます。1つの有効なサブスクリプションのみ存在することが通常予想されるAppに、複数のサブスクリプショングループを設定することは推奨されません。

    提供するラインナップをできるだけシンプルにして、ユーザーがオプションを簡単に理解できるようにしてください。各サブスクリプションには、ユーザーがわかりやすく、かつ同じグループ内のその他のサブスクリプションと区別しやすい名前を付けてください。混乱を避けるため、App名、サブスクリプショングループ名、各サブスクリプション名は、明確にわかるようそれぞれ差別化してください。

    App名
    サブスクリプショングループの表示名
    サブスクリプションの表示名
    価格/期間
    App名
    サブスクリプショングループの表示名
    サブスクリプションの表示名
    価格/期間

    グループ内でのサブスクリプションのランク付け

    価格帯が異なる複数のサブスクリプションを提供する場合、App Store Connectでそれぞれのサブスクリプションを異なるレベルに割り当てることができます。サブスクリプションにランクを付けることで、ユーザーが利用できるアップグレード、ダウングレード、クロスグレードのコースを決定します。提供する内容が最も充実したサブスクリプション(レベル1)が最上位に、最も少ないものが最下位になるよう、各サブスクリプションを順にランク付けしてください。提供するサービスやコンテンツが少ないサブスクリプションは、意図している内容に応じて、レベル2や3に割り当てることができます。提供する内容が同等の場合は、各レベルに複数のサブスクリプションを追加することができます。詳細については、「自動更新サブスクリプショングループの設定の概要」を参照してください。

    ユーザーは、App Storeのアカウント設定でサブスクリプションを管理できます。アカウント設定では、すべての更新オプションやサブスクリプショングループを確認したり、サブスクリプション間のアップグレード、クロスグレード、ダウングレードをいつでも行うことができます。また、showManageSubscriptions(in:)(英語)メソッドを使用すると、ユーザーがこれらをApp内でも管理できるようになります。ユーザーがサブスクリプションレベルを変更する際、その変更のタイミングは以下のような状況によって異なります。

    アップグレード:ユーザーが、現在のサブスクリプションよりもサービスレベルの高いサブスクリプションを購入することを指します。この場合、ユーザーはただちにアップグレードされ、元々のサブスクリプションの比例配分された金額が返金されます。追加のコンテンツや機能をユーザーがただちに利用できるようにしたい場合は、そのサブスクリプションを高くランク付けし、ユーザーがアップグレードとして購入できるようにしてください。

    ダウングレード:ユーザーが、現在のサブスクリプションよりもサービスレベルの低いサブスクリプションを選択することを指します。この場合、現在のサブスクリプションは次回の更新日まで継続され、その後低いレベルと価格で更新されます。

    クロスグレード:ユーザーが、同等のレベルの新しいサブスクリプションに切り替えることを指します。サブスクリプションの期間が同じであれば、新しいサブスクリプションはただちに開始されます。期間が異なる場合は、新しいサブスクリプションは次回の更新日に有効になります。

    地域ごとのサブスクリプションの価格設定

    自動更新サブスクリプションを実装したAppでは、利用可能なすべての通貨で200のプライスポイントや価格帯から選択することができます。複数のマーケットで配信する場合、地域ごとに異なる価格を設定することもできれば、どのマーケットでも同等の価格になるよう設定することもできます。

    価格設定ツール:App Store Connectの価格設定ツールを使用すると、現在の為替レートに基づいて価格を管理することができます。特定の地域で税制の変更や通貨の調整が行われた場合、デベロッパがその差分の影響をユーザーに課さない限り、通常はサブスクリプションの価格に影響が及ぶことはありません。特定のマーケットでサブスクリプションの価格を変更する場合は、実行に移す前に、そのマーケットでの価格が税込みであるかどうかを把握することが重要です。例えば、ドイツのユーザーに向けたサブスクリプションの価格を引き下げる場合、デベロッパが受け取る収益は購入価格から欧州連合の付加価値税(VAT)とAppleの手数料を差し引いた額になります。App Store Connectの価格設定ツールで設定されているデフォルトの価格には、Appleが徴収し納付する税金が含まれています。詳細については、「Apple Developer Program使用許諾契約」の別紙2に記載されている、税務上の処理が異なるテリトリに関する説明をご確認ください。

    App Store Connectでは、AppおよびApp内課金アイテムに対して税金カテゴリを設定することもできます。これらのカテゴリはAppのコンテンツ(ビデオ、ブック、ニュース関連出版物など)に基づくもので、各地域の税法や規制に従って定義されます。これにより、Appleではデベロッパに代わり、Appに関わる納税を所定の税率で管理することができます。

    ファミリー共有 利用可能

    ファミリー共有は、サブスクリプション登録者が、自動更新サブスクリプションへのアクセスを最大5人のファミリーメンバーと共有し、メンバーのすべてのAppleデバイスで利用できるようにするものです。スムーズで便利なユーザー体験を提供するファミリー共有は、サブスクリプション登録者の獲得、有料サブスクリプションの促進、ユーザーエンゲージメントやリテンションの向上に役立ちます。サブスクリプションのファミリー共有は、App Store Connectで有効化できます。

    サブスクリプションが登録者の家族にデフォルトで共有されるかどうかは、登録者のサブスクリプションの共有設定、およびApp Store Connectでファミリー共有が有効化される前に当該のサブスクリプションが購入されたかどうかによって異なります。サブスクリプションをデフォルトで共有していない登録者には、そのサブスクリプションを家族と共有できることを知らせるプッシュ通知がAppleから届きます。

    潜在的なユーザーが自分のニーズに最適なサブスクリプションを選べるよう、サブスクリプションの表示名と登録画面で、ファミリー共有が利用できることを明示してください。対象となるサブスクリプション登録者に、サブスクリプションを家族と共有できることをApp内のメッセージで通知し、共有を有効化する方法を説明することもできます。レシート購入検証を使用して、サブスクリプション登録者とその家族にアクセス権があることを確認し、正しいサブスクリプションを利用できるようにしてください。なお、App Store Connectでサブスクリプションのファミリー共有を一度有効化すると、無効化することはできません。

    App内課金のファミリー共有をオンにする

    複数のAppへのサブスクリプション提供

    複数のAppにアクセスする自動更新サブスクリプションを提供することができます。それぞれのAppは、自動更新型App内課金の使用承認を得ており、同一のデベロッパアカウントから配信されている必要があります。

    ユーザーがどのAppからでも登録できるようにするため、App Store Connectで、マルチAppサブスクリプションに含まれるそれぞれのAppに同じ自動更新サブスクリプションを個別に設定してください。同じサブスクリプションへの支払いが重複することがないよう、サブスクリプションのオプションをユーザーに表示する前に、そのユーザーがサブスクリプションを現在利用しているかどうかを確認する必要があります。現在サブスクリプションを利用中かどうかを確認する方法については、「サブスクリプション登録者の維持」をご確認ください。

    Appバンドルを作成して、複数のサブスクリプションAppを割引価格でまとめてダウンロードできるようにすることもできます。Appバンドルには、iOS Appを最大10個まで、またはmacOS Appを最大10個まで含めることができます。

    サブスクリプション登録者の獲得

    サブスクリプション登録者獲得の可能性を高めるには、ユーザーの関心が最も高いときにサブスクリプションのトライアルを提供するのが効果的です。サブスクリプションを体験してもらう方法はいくつかあります。

    オンボーディング時のサブスクリプションのメリットの提示:ユーザーが初めてAppを開いたときにサブスクリプションの価値を強調することで、Appの仕組みやサブスクリプションのメリットを理解してもらうことができます。オンボーディング時は、簡潔かつ魅力的で、見る人が関心のある機能(複数の種類のデバイスでサブスクリプションを利用できる機能など)にフォーカスしてください。また、登録を促す簡潔な呼びかけや、サブスクリプションの利用条件を明確に記載してください。

    記載すべき内容については、「サブスクリプションに関する明確な説明」をご確認ください。

    フリーミアムAppの提供:フリーミアムAppは、Appの利用を無料で提供し、さらに体験を深めたいユーザーに任意のサブスクリプションを提供するモデルです。無料のAppはユーザーにとって試しやすい上に、まずAppを試してもらうことで、有料の機能を購入してもらえる可能性が高くなります。

    メーター制課金の提供:メーター制課金とは、料金を支払わなくても、一定の分量のコンテンツに特定の期間アクセスできる方法です(ニュースAppで毎月記事を10件まで無料で閲覧できるなど)。この方法を採用すれば、ユーザーはサブスクリプションを簡単に体験することができる一方、関心の高いユーザーに対しては登録を促すこともできます。

    フリーミアムおよびメーター制課金のAppでは、無料記事や無料ビデオの月間の上限に近づいたときなど、状況に合わせてサブスクリプションを促すメッセージを表示するようにしてください。さらに、Appのインターフェイスの様々な場所でサブスクリプションを促すことで、ユーザーがいつでも簡単にサブスクリプションに登録できるようにしましょう。 こうした登録を促すアクションの有効性のテストや評価を行い、また何がオーディエンスに対して最も有効かを理解するため、様々なバージョンのメッセージを試してみましょう。

    サブスクリプションに関する明確な説明

    効果的なサブスクリプションの購入フローを設定すると、ユーザーは興味を持っている製品やサービスを簡単に購入できるようになります。サブスクリプションの価値をユーザーが理解しやすいよう、一貫したメッセージを使用し、明確な利用条件を含めましょう。サブスクリプションのプロセスに時間がかかりすぎると、サブスクリプションのコンバージョン率が低下します。購入フローはシンプルにし、入力を求める情報は必要最小限にしましょう。さらに、サブスクリプションの登録画面には以下の情報を含めてください。

    • サブスクリプションの名前と期間、および登録期間中に提供されるコンテンツやサービス
    • 完全更新の価格(利用可能な通貨での現地価格を明確かつ目立つように表示)
    • 現存のサブスクリプション登録者がサインインしたり購入を復元したりする方法

    AppとApp Storeのメタデータには、必ず自分のAppの利用規約とプライバシーポリシーへのリンクを含めてください。

    請求金額
    購入フローでは、請求金額をレイアウトの価格要素の中で最も目立つようにする必要があります。例えば、年間サブスクリプションの場合は、購入時に請求される合計金額を明確に表示する必要があります。年間金額の内訳や、週間または月間のサブスクリプションと比較した際の割引額などを表示することもできますが、こうした追加情報は、年間金額よりも目立たない場所に目立たないサイズで表示するようにしてください。こうすることで、ユーザーの混乱を避けることができます。

    無料トライアル
    無料トライアルの購入フローでは、無料トライアルの期間と、無料トライアルが終了したら請求が行われることを明確に表示してください。

    App Storeでのサブスクリプションのプロモーション

    App内課金アイテムをApp Storeで直接プロモーションすると、ユーザーはAppをダウンロードする前でも、サブスクリプションやお試しオファーを見つけて購入を開始できます。プロモーション対象のApp内課金アイテムはプロダクトページや検索結果に表示されるほか、「Today」、「ゲーム」、「App」のタブでフィーチャーされることもあります。Appのコンテンツをさらに見つけてもらいやすくするために、一度に最大20個のApp内課金アイテムをプロモーションすることができます。この方法は、特に新規ユーザーにお試しオファーを知ってもらう上で効果的です。

    App内課金のプロモーションについて詳しく

    プロモーション中のApp内課金アイテムには、その価値を伝えるための特有のメタデータがあります。

    サブスクリプションオファーの提供

    自動更新サブスクリプションを特定の期間、無料または割引価格で提供するサブスクリプションオファーを作成すると、ユーザー数を拡大し、維持することができます。オファー期間が終了すると、サブスクリプション登録者がキャンセルするか、自動更新をオフにしない限り、サブスクリプションは通常価格で自動更新されます。サブスクリプションオファーでは、以下の価格設定オプションを提供することができます。

    無料トライアル:登録者が一定の期間、無料でサブスクリプションを利用できる方法です(例:1か月間の無料オファー後は、通常の更新価格の月額 $4.99で利用)。サブスクリプションはすぐに開始されますが、オファー期間が終了するまでは請求されません。このオファーは、ユーザーにサブスクリプションを当面無料で体験してもらいたい場合に有効といえます。

    都度払い:登録者が一定期間にわたり、割引価格を請求期間ごとに支払う方法です(例:通常月額$9.99のサブスクリプションを、3か月間は月額$1.99で利用)。その期間が終了すると、登録者は通常の更新価格にて請求されます。この方法は、割引が繰り返し適用されるため、価格に敏感なユーザーへの訴求力を高めたい場合に効果的といえます。同時にデベロッパには、サブスクリプションの価格を一定期間経過後に通常価格に戻せるというメリットがあります。

    前払い:登録者が1回限りの価格を支払うことで、サブスクリプションを特定の期間利用できるようになる方法です(例:通常は年間$39.99のサブスクリプションを、最初の半年間は$9.99の前払いで利用できる)。その期間が終了すると、通常の更新価格が請求されます。この方法は、次回更新時までコンテンツを十分に楽しんでもらえるよう、サブスクリプションの期間を長めに設定したい場合に効果的といえます。

    オファーの種類

    提供可能なサブスクリプションオファーには、お試しオファー、プロモーションオファー、オファーコードの3種類があります。ビジネスの目標に応じて、3種類のオファーを一度に提供することが可能です。特定のユースケースにどの種類が最適かを判断するには、各オファーの想定用途、対象のお客様、利用の限度、その他の基準を考慮してください。すべてのオファーはApp Store Connectで設定し、そこでオファーの種類、期間、価格などを選択します。オファーの種類と利用可能な期間の詳細については、「価格および配信状況」をご確認ください。

    サブスクリプションオファーの比較
    お試しオファー プロモーションオファー オファーコード
    主な用途 新規サブスクリプション登録者の獲得 既存のサブスクリプション登録者の維持と過去の登録者の再登録 サブスクリプション登録者の獲得と維持、および過去の登録者の再登録
    利用資格 App内の新規サブスクリプション登録者 App内の既存または過去のサブスクリプション登録者。App内でのサブスクリプションの履歴がないユーザーは、このタイプのオファーを利用できません。 新規、既存、または過去のサブスクリプション登録者
    配信と利用 App内課金のプロモーションによる、App内またはApp Storeでの配信と利用 App内での配信と利用 デジタルまたはオフラインの任意の方法による配信・配布。App StoreまたはApp内で利用できます。
    利用の限度 ユーザーはサブスクリプショングループごとに1件のお試しオファーを利用可能 デベロッパはユーザーが何件までオファーを利用できるか決定する ユーザーはオファーごとに1つのコードを利用できる
    オファーの限度 サブスクリプションごと、地域ごとに、1件のオファー サブスクリプションごとに、10件のアクティブなオファー サブスクリプションごとに、10件のアクティブなオファー。1つのAppにつき、四半期ごとに最大150,000個のコードを作成できます。
    オファーの設定 デベロッパがApp Store Connectでオファーの時期、地域、価格、期間を選択する デベロッパがビジネスロジックを決定し、App Store Connectで価格と期間を選択し、StoreKit APIを使用して対象ユーザーにオファーを提示する デベロッパが、利用資格要件、オファーの時期、地域、価格、期間、コードの個数をApp Store Connectで選択する
    互換性 iOS 10、iPadOS 10、macOS 10.12.6、tvOS 10以降 iOS 12.2、iPadOS 12.2、macOS 10.14.4、tvOS 12.2以降 iOS 14およびiPadOS 14以降

    お試しオファー

    新規登録者が、全額を支払う前にサブスクリプションの価値を体験できるようにします。StoreKit APIを使用して、Appのサブスクリプション登録画面内にお試しオファーを表示すると、デベロッパがApp Store Connectで設定したサブスクリプショングループ内で、ユーザーは1件のお試し価格を利用できるようになります。

    App Storeでお試しオファーを宣伝すると、より多くの潜在的なユーザーに訴求することができます。プロモーション対象のApp内課金アイテムはプロダクトページや検索結果に表示されるほか、「Today」、「ゲーム」、「App」のタブでフィーチャーされることもあります。

    オファーコード 利用可能

    オファーコードは、限定期間中に割引価格または無償でサブスクリプションを提供することで、サブスクリプション登録者の獲得、維持、再登録の促進に役立ちます。オファーコードは1回限り利用できる固有のコードであり、オンラインまたはオフラインのチャネルを使用して、任意の方法で配信・配布することができます。オファーコードは様々な方法で活用できます。以下はその例です。

    • 最新機能、最近追加されたコンテンツ、オファーコードを掲載したEメールを、既存のサブスクリプション登録者または中断している登録者に送信し、サービスを一定期間体験してもらう
    • 固有のオファーコードを掲載したチラシを配布し、イベント参加者にサービスをプロモーションする
    • 他社と共同でマーケティングの取り組みやキャンペーンを行い、Appをプロモーションする
    • カスタマーサービスに関する問題が発生しているサブスクリプション登録者にオファーコードを提供することで、問題の代償として継続利用を促す
    • 廃止予定のApp内でオファーコードを配信することで、サブスクリプション登録者に新しいAppへの移行を促し、サービスのプロモーションを行う

    設定

    App Store Connectでオファーコードを設定する際は、利用資格を決定します。新規サブスクリプション登録者を対象とする場合は、お試しオファーに加えてオファーコードを利用できるようにするかどうかも決定します。オファーコードの有効期限は作成日から最大6か月であるため、一度に生成するコードの数は慎重に検討してください。ユーザーは1件のオファーにつき1つのコードしか利用できませんが、設定の選択によっては、1つのサブスクリプションに対して複数のオファーを利用できるようになる場合があります。1つのサブスクリプションに複数のオファーを作成する際は、それぞれの効果についてよく検討するようにしてください。

    配信

    コードおよびコードに関連するURLを一括でダウンロードして、任意の方法で配信・配布することができます。ターゲットとするユーザー層に宣伝するにはどのチャネルが最も効果的かを検討し、対象条件や利用の制限をコミュニケーションの中に記すようにしてください。既存の登録者にオファーコードを提供する場合は必ず、利用中のサブスクリプションと同じサブスクリプショングループ内にあるサブスクリプションに対してオファーを提供してください。

    利用

    iOS 14およびiPadOS 14以降のユーザーは、1回限りのコード利用URLを介してApp Storeで、またはApp内(presentCodeRedemptionSheet(英語)メソッドに対応している場合)でオファーコードを利用することができます。

    オファーコードの利用体験はAppleが管理します。これにはオファーの詳細画面が含まれ、そこに表示されるAppアイコン、サブスクリプションの表示名、期間、価格などの情報は、デベロッパがApp Store Connectで追加します。過去にサブスクリプションのプロモーション画像を追加済みの場合は、Appアイコンの代わりにその画像が表示されます。ユーザーが十分理解した上で判断できるよう、これらの情報を通してサブスクリプションが提供する体験について明確に説明するようにしてください。オファーコードを利用可能にするには、そのAppがApp Storeで公開されている必要があります。ユーザーがそのAppを持っていない場合は、オファーコードの利用手続き中にAppをダウンロードすることができます。

    ユーザーがオファーを利用したら、そのユーザーのサブスクリプションのステータスに応じて、関連する体験を提供しましょう。例えば、サブスクリプションに初めて登録する登録者には、そのサブスクリプションのメリットを紹介し、オンボーディングを提供することができます。Appでアカウントの作成や追加の規約への同意が必要な場合は、コードを利用したAppの新規ユーザーが、それらのプロセスをできるだけスムーズに行えるようにしてください。

    準備として、以下のことに対応しましょう。

    • レシートを検証し、App Storeサーバ通知を受け取るためのサーバの設定を行う
    • App内でコードを利用できるようにする場合は、presentCodeRedemptionSheet(英語)メソッドを使用する

    詳細については、以下をご確認ください。

    プロモーションオファー

    既存または以前のサブスクリプション登録者が、特定の期間、無料または割引価格でサブスクリプションに登録できるようにします。これらのオファーによって、ユーザー数の拡大や維持のため、独自のプロモーションを柔軟に行うことができるようになります。プロモーションオファーは、サブスクリプションをキャンセルした過去の登録者に再登録を促したり、特別価格で別のサブスクリプションへのアップグレードを提供したりする上でも役立ちます。

    各オファーのビジネスロジックを決定し、StoreKit APIを使用してAppにオファーを表示するタイミングを選択してください。サブスクリプションごとに最大10件のアクティブなオファーを設定できるので、どのオファーが最も説得力があり、ユーザーにとって有用であるかを判断できます。複数のオファーを有効にする際は、それぞれの効果についてよく検討するようにしてください。

    StoreKitまたはApp StoreサーバAPIを使用すると、サブスクリプション登録者の自動更新状況を把握し、どのオファーが最も効果的かを理解することができます。サブスクリプション登録者が自動更新をオフにしている場合は、現在のサブスクリプション期間が終了する前に、1か月間、無料のプロモーションオファーを表示して更新を促すこともできます。月間サブスクリプションの登録者が複数回更新していることに気づいた場合は、割引価格で年間サブスクリプションにアップグレードするためのオファーを提供することができます。また、ユーザーの様々な利用パターンに基づいて、再登録やアップグレードを促す他の機会も検討しましょう。例えば、無料トライアルの期間中にサブスクリプションをキャンセルするユーザーと、有料のサブスクリプションを一定期間利用した後にキャンセルするユーザーを比べて、それぞれに最も価値があるオファーを検討します。

    開始方法:

    • App Store Connectの「ユーザーとアクセス」セクションでアクセスキーを生成する
    • App Store Connectの当該AppのApp内課金ページで、各プロダクト用のプロモーションオファーを作成する
    • ビジネスロジックを決定し、StoreKit API(英語)を使用する
    • App Storeサーバ通知を有効化する

    詳細については、以下をご確認ください。

    サブスクリプション登録者の維持

    登録者にAppのサブスクリプションを継続してもらうには、それに見合う価値を感じ続けてもらう必要があります。サブスクリプションの継続を促すため、新たなコンテンツや機能の拡張を追加してAppを定期的にアップデートしましょう。

    通知の送信

    適切な内容で通知することは、ユーザーにサービスの利用やサブスクリプションの継続を促す上で効果的です。ユーザーにポジティブな体験を提供するには、通知が適切なタイミングで送信されるようにすること、通知の目的を明確にすること、通知の内容を有意義なものとすることが必要です。また、コンテンツマーケティングのためにプッシュ通知を使うことも可能です。例えば、まだサブスクリプションを利用していないユーザーに対して、サブスクリプションオファーを勧めることができます。ただし、マーケティングのプッシュ通知を送信できるのは、ユーザーがApp内の同意メッセージを通じて明示的にオプトインした場合に限られます。同時に、ユーザーがオプトアウトするための明確な手段もAppに設ける必要があります。サブスクリプション登録者に価値を提供できるよう、通知の頻度、タイミング、内容を慎重に検討してください。プッシュ通知の内容に個人情報や秘密情報を含めることはできません。

    サブスクリプション登録者へのサポート

    配慮の行き届いたサポートを提供することは、サブスクリプション登録者との関係維持に役立ち、エンゲージメントやリテンション率の改善、評価とレビューの向上にもつながります。StoreKitとApp StoreサーバAPIを使うことで、サブスクリプション登録者によりシームレスなサポートを提供し、よりタイムリーかつ効果的に問題を解決しましょう。

    ユーザーによるサブスクリプション管理のサポート

    サブスクリプションの期間中に、登録者の希望オプションが変わることがあります。showManageSubscriptions(in:)(英語)メソッドを使用すると、登録者がApp内でサブスクリプションを管理できるようになります。サブスクリプションを管理するための専用スペースをApp内に設けることで、他のオプションも表示して、システム組み込みの管理UIを補完することもできます。例えば、上位レベルのサービスを割引価格で提供するプロモーションオファーを表示したり、登録者がサブスクリプションをキャンセルした場合は、再登録を促すオファーを提示することができます。あるいは、登録者がサブスクリプション体験に関するフィードバックやキャンセル理由を共有できるアンケートを表示して、マーケティング戦略の見直しを図ることもできます。ユーザー体験がポジティブなものになるように、サブスクリプション登録者がキャンセルを希望する場合には、登録者がシステム組み込みの管理UIに簡単にアクセスしてキャンセルできるようにしてください。

    サブスクリプション更新日の延長

    サーバ停止や技術的な問題など、サービスやコンテンツ配信で問題が発生した場合は、年内に利用可能となるRenewal Extensionエンドポイントを使用して、サブスクリプションの更新日を延長できます。例えば、スポーツの試合が中止になった場合や、ライブストリーミングのイベントが中断された場合などは、埋め合わせとして一定期間無償サービスを延長できます。サブスクリプションの更新日は暦年ごとに2回まで延長でき、1回につき最長90日間延長できます。延長期間に含まれる日数は、85%の収益率を得るために必要な1年間の有料サービスの日数には含まれません。

    または、不満を抱えるサブスクリプション登録者に対して、一定期間のサブスクリプションを無償または割引価格で利用できるオファーコードを提供することもできます。こうしたコードは、App StoreまたはApp内で利用できます。

    サブスクリプション登録者のステータスの確認

    Get All Subscription Statuses(英語)エンドポイントを使用すると、サブスクリプションが、有効、期限切れ、支払い再試行、請求の猶予期間のどのステータスにあるかを1回のチェックで判断できます。この情報を参考にして、リテンションに関する戦略を見直すとともに、次回更新予定日などの情報をApp内でサブスクリプション登録者に提供できます。

    サブスクリプション登録者の維持

    Get All Subscription Statuses(英語)およびGet Transaction History(英語)のエンドポイントを使用すると、ユーザーのサブスクリプションステータスを判断し、トランザクション履歴を表示できるため、以下のどの状況に該当するかを特定し、対応することができます。

    自発的な解約:Get All Subscription Statuses(英語)エンドポイントを使用して、サブスクリプション登録者が特定のサブスクリプションの自動更新をオフにしたかどうかを判断できます。また、App Storeサーバ通知を使って、ユーザーのステータス変更や、ユーザーのApp内課金に関する重要なイベント(返金の通知など)に関するアップデートをリアルタイムで受け取ることもできます。この情報を活用して、サブスクリプションの継続を促すためにプロモーションオファーを提示する、ユーザーのニーズにより適した別の価格帯を案内する、サブスクリプションの有効期限が切れた後にサブスクリプションコンテンツへのアクセスをロックする、などといった対応を取ることができます。ユーザーには変更内容を伝え、ユーザー側で取るべき対応の有無や、サブスクリプションに再登録するための方法を必ず伝えるようにしましょう。

    自発的ではない解約:自発的ではない解約は、クレジットカードの有効期限切れなど、サブスクリプション登録者に請求上の問題が発生した場合に起こります。サーバ通知の受信を選択して、請求上の問題でサブスクリプションの更新に失敗した場合に通知を受けることができます。また、Get All Subscription Statuses(英語)エンドポイントを使用して、請求上の問題のためにサブスクリプションが支払い再試行のステータスにあるかどうかを判断することができます。この情報をもとに、登録された支払い方法の更新を依頼するために、ユーザーのApp Storeアカウントの「お支払い方法」エリアへのリンクを記載したメッセージをApp内で表示したり、Eメールでユーザーに送信するなど、適切な対応を取ることができます。請求上の問題が解決したら、サービスを再開できます。Appleは60日間、支払いの回収を試みます。60日以内にサブスクリプションが更新された場合は、更新日から有料サービスの日数が再開されます。

    請求に関する問題によるサービスの中断を防ぐには、App Store Connectで請求の猶予期間を有効にします。Appleは、サブスクリプションへのアクセスが維持されている間に、請求に関する問題への対処を試み、サブスクリプションが回復されるように努めます。この期間内にサブスクリプションが回復された場合、有料サービスの日数や収益に中断は発生しません。ユーザーが60日を過ぎてからサブスクリプションを更新した場合、以前の有料サービスの日数はリセットされ、1年が経過するまでは通常の1年間のサブスクリプション価格となります。

    値上げへの同意の有無:サブスクリプションの値上げをし、Appleが影響を受けるサブスクリプション登録者に対して新しい価格に同意するかを確認する際に、デベロッパは値上げ実施前の登録者の同意状況を確認することができます。影響を受ける登録者に値上げのシートを表示する前に、サブスクリプションのメリットと、値上げによってどのようにサービスが改善されるかを説明するメッセージをApp内に表示するとよいでしょう。登録者が値上げの同意確認に応答しなかった場合は、現在の課金サイクルの終了時にサブスクリプションが終了します。

    実装方法について、詳しくは以下をご確認ください。

    価格の管理

    新規ユーザー向けの価格を引き上げる一方で既存のサブスクリプション登録者が支払う価格を据え置くことができます。対象とする既存の登録者の数に制限はありません。既存の登録者向けの価格を据え置かないことにする場合、登録者は値上げに同意する必要があるため、価格変更を受け入れない場合はサブスクリプション登録者数が減少することになります。

    すべての登録者が同じ価格でサブスクリプションを利用していない状況で、すべてのサブスクリプション登録者に最新の価格を適用させたい場合、支払っている金額が最新の価格に最も近いグループにまず適用し、その後2番目に近いグループに適用する、という形で進めましょう。このようにすることで、値上げの通知と同意のお願いが登録者に何度も届くことを防げます。価格に関する決定を下す際は事前に対象マーケットの相場を調査し、値上げがサブスクリプション登録者の維持にどのような影響を及ぼす可能性があるかを事前によく検討してください。

    値上げが通知される方法:デベロッパがサブスクリプションの価格を引き上げる際は、影響を受ける登録者にAppleがメールとプッシュ通知で連絡し、値上げの通知と新しい価格への同意確認を行います。iOS 13.4およびiPadOS 13.4以降では、App内で自動的に表示される価格同意シートでも、影響を受けるサブスクリプション登録者への通知が行われます。重要な場面でユーザーを邪魔することがないよう、一時的にこの価格同意シートを表示しないようにすることも可能ですが、サブスクリプション登録者が新しい価格に即座に同意できるよう、デフォルトのタイミングで表示することをお勧めします。登録者が値上げに同意しない場合は、現在の課金サイクルの終了時にサブスクリプションが終了します。

    サブスクリプションのパフォーマンスを詳しく把握するために、サブスクリプションデータを確認して分析しましょう。App Store Connectの「売上とトレンド」では、地域、App、サブスクリプションタイプごとにデータを絞り込むことができます。

    サブスクリプションの概要ページ:このページでは、サブスクリプションの全体的なパフォーマンス、日別の有効な有料サブスクリプション数、リテンション率やコンバージョン率、キャンセル理由など、サブスクリプションの概要を確認できます。このページのデータは、戦略を見直す上で役立ちます。例えば、お試しオファーのコンバージョン率が低い場合、サブスクリプションの価値をより明確に伝えられるようApp内のメッセージを改訂したり、購入前にサブスクリプションの価値をさらに長期間体験できるよう、オファー期間を延長するなど検討してみましょう。

    サブスクリプションのステータスページ:現在のステータス(標準価格/お試しオファー/プロモーションオファー/支払い再試行)に基づく、有効なサブスクリプションの合計数を確認できます。このデータを活用して、サブスクリプションがどの程度伸びているかを測定しましょう。例えば、データを収益率でグループ化すると、1年経過後の収益率が高いサブスクリプションの数を把握することができます。また、地域、プロモーションオファー、サブスクリプションなど、様々な要素でデータをフィルタしたりグループ化したりすれば、さらに有益な情報を得ることもできます。

    サブスクリプションのイベントページ:サブスクリプションのアクティベーション合計数、標準価格へのコンバージョン合計数、再アクティベーション合計数、更新合計数などが確認でき、データをフィルタすれば、多くの有益な情報を得ることができます。例えば、特定のプロモーションオファーでフィルタすれば、そのプロモーションオファーが、中断されたサブスクリプションの再アクティベーションにどの程度の効果があったかを確認することができます。こうした情報を使って、プロモーションオファーの戦略を立て直すことができます。サブスクリプションの各イベントの定義については、App Store Connectヘルプをご確認ください。

    サブスクリプションのリテンションページ:サブスクリプションのリテンションに関するデータ、およびお試しオファーやプロモーションオファーのコンバージョン率に関するデータを確認できます。「標準有料サブスクリプションのリテンショントレンド」セクションでは、継続的に更新されたサブスクリプションの割合を確認できます。この情報を特定のサブスクリプションでフィルタすれば、最も高いリテンション率が見られた開始月を把握でき、その要因を調査することができます(特定の月に新しいコンテンツをリリースした、季節ごとのマーケティングキャンペーンを実施したなど)。これにより、エンゲージメントやリテンションを高めるための戦略を見直すことができます。

    サブスクリプションレポート:以上のすべての情報に加え、開始日やキャンセルまでの日数に関する匿名化されたデータなど、さらに詳しい情報が記載された日次レポートをダウンロードすることができます。

    詳細については、以下をご確認ください。