定期購読を提供する

デジタルの定期購読機能を組み込んで、アプリケーションをシームレスに楽しんでもらえるようにしましょう。App内課金のAPIを活用すると、Appleプラットフォームの種類やApp Storeでのカテゴリにかかわらず、あらゆるアプリケーションでシンプルかつ効果的に定期購読を組み込むことができます。

自動更新の定期購読について

定期購読を自動更新にすれば、ユーザーがアプリケーションのコンテンツやサービスを継続的に利用できるようになります。ユーザーがキャンセルしない限り、購読期間が終了すると自動的に定期購読の期間が更新されます。

1年後に収益率が85%に

自動更新の定期購読は、App Storeにおける他のビジネスモデルとは収益モデルが異なります。初年度はそれぞれの請求サイクルで、購読料金の70%から税額を差し引いた金額がデベロッパに支払われます。定期購読が1年間更新されると、2年目の収益率は購読料金の85%に引き上げられ、そこから税額を差し引いた金額がデベロッパに支払われます。

同じ定期購読のグループでアップグレード、ダウングレード、クロスグレードが行われた場合、定期購読の継続日数は引き継がれます。定期購読が一度キャンセルされその後60日以内に再開された場合、定期購読の継続日数は中断前の日数が引き継がれます。ただし、60日の猶予期間を過ぎてから定期購読が再開された場合、定期購読の継続日数はリセットされ、その後1年間は収益率が購読料金の70%となります。定期購読がキャンセルされる度ごとに、新しい猶予期間が付与されます。

グループとサービスレベル

ユーザーのさまざまなニーズに合わせて、コンテンツの内容、サービスレベル、登録期間が異なるさまざまなApp内課金を購読グループに組み入れることができます。ユーザーが1つの購読グループで一度に購入できる定期購読は1つのみです。同じ購読グループの定期購読を複数購入することを希望するユーザーがいる場合(ストリーミングアプリケーションで複数のチャンネルを購読する場合など)は、それぞれのApp内課金を別の購読グループに分けて指定する必要があります。

ユーザーオプション

ユーザーは、App Storeのアカウント設定で定期購読を管理することができます。各定期購読の管理画面にはその購読グループで提供されている更新オプションがすべて表示されるため、さまざまなサービスレベルを簡単に比較検討し、同じ購読グループでのアップグレード、ダウングレード、クロスグレードを何度でも実行することができます。

同じ購読グループの異なるApp内課金には、相互に区別しやすいよう、内容を明確に示すわかりやすい名前を付けるようにしてください。混同されることのないよう、アプリケーションの名前、購読グループの名前、定期購読のApp内課金の名前は、相互に明確に区別できるものにする必要があります。できる限り定期購読のラインナップをシンプルにして、ユーザーがオプションを簡単に選べるようにしてください。

App内課金のランク付け

同じ購読グループに含まれるApp内課金にランクを付けて、アップグレード、ダウングレード、クロスグレードの方向を定めることができます。定期購読のレベルは降順で並べ、サービスレベルが最も高いものが最初に表示されるようにしましょう。iTunes Connectで定期購読のオプションにランクを付ける方法について詳しくは、WWDCセッションで行われた「Introducing Expanded Subscriptions in iTunes Connect」のデモをご覧ください。

お試し価格 New

集客力を高めるため、自動更新の定期購読では、割引価格を設定したり、定期購読の開始時に一定の無料トライアル期間を設けたりすることができます。定期購読にお試し価格を設定する場合は、地域ごとに以下の方法から1つを選択することができます。

都度払い。一定期間にわたり、お試し価格を請求期間ごとに支払う方法です(月額9.99ドルの定期購読を、3か月間は月額1.99ドルで利用できるようにするなど)。割引が繰り返し適用されるため、価格を重視するユーザーへの訴求力を高めたい場合に効果的です。同時にデベロッパには、定期購読の価格を一定期間経過後に変更できるというメリットがあります。

前払い。お試し価格を1回支払うと、定期購読が一定期間利用できるようになる方法です(通常は年間39.99ドルの定期購読を9.99ドルで半年間利用できるようにするなど)。定期購読の次回更新時までコンテンツを十分に楽しんでもらえるよう、お試し期間を長く設定する場合に効果的です。

無料トライアル。一定期間無料で定期購読を利用できるようにする方法です。定期購読はすぐに開始されますが、無料トライアル期間が終了するまで請求が行われることはありません。定期購読を試してもらいながら、請求が発生する前にキャンセルすることもできるようにする場合に効果的です。

定期購読をお試し価格で提供するには、各App内課金をiTunes Connectで管理し、対象となるユーザーに情報を表示できるようアプリケーションにStoreKit APIを実装する必要があります。

アプリケーション内やマーケティングメッセージでお試し価格について紹介する際は、お試し価格の価値をユーザーが理解しやすいよう、明確で一貫したメッセージを提供するようにしてください。

地域別の価格設定と広範な価格帯

自動更新の定期購読を組み込んだアプリケーションでは、地域別の価格をすべての通貨でそれぞれ200に及ぶ価格帯から選択できます。各マーケットの状況に応じて、マーケットごとに異なる価格を設定することもできれば、どのマーケットでも同等の価格になるよう設定することもできます。iTunes Connectの価格設定ツールを使用すると、現在の為替レートに基づいて価格を管理できます。特定の地域で税制の変更や通貨の調整が行われた場合、デベロッパがその影響をユーザーに課することにしない限り、通常は定期購読の価格に影響が及ぶことはありません。

既存の登録者に対する価格を引き上げる場合、値上げに同意するかどうかは登録者が判断することになります。つまり登録者が値上げを受け入れない場合は、登録者数が減少する可能性もあります。そのため、価格に関する決定を下す際は事前に対象マーケットの相場を調査し、値上げが既存の登録者の保持にどのような影響を及ぼす可能性があるかよく検討するようにしてください。

特定のマーケットで定期購読の価格を変更する場合は、実行に移す前に、そのマーケットでの価格が税込価格であるかどうかを把握することが重要です。たとえば、ドイツのユーザーに向けた定期購読の価格を引き下げる場合、収益は購入価格から欧州連合の付加価値税(VAT)とAppleの手数料を差し引いた額になります。iTunes Connectの価格設定ツールでデフォルトの価格設定を使用すると、税率考慮済みの金額が提示されます。詳細については、「Apple Developer Program License Agreement」の添付資料2に記載されている、さまざまな税制が施行されている地域に関する説明をご覧ください。

既存の登録者に対する価格の据え置き

自動更新の定期購読を組み込んだアプリケーションでは、新規ユーザーに向けた価格を引き上げながら既存の登録者が支払う価格は据え置くという対応ができます。価格を据え置く登録者の数に制限はありません。

同じ購読グループでのアップグレード、ダウングレード、クロスグレードが行われた場合、従来の価格を据え置くことはできず、新しい定期購読の最新の価格が適用されます。

すべての登録者が同じ価格で定期購読を利用しているわけではない状況で、すべての登録者に最新の価格に適用したい場合、支払っている金額が最新の価格に最も近いグループにまず適用し、その後2番目に近いグループに適用する、という形で進めると効果的です。このようにすることで、値上げに同意を求める通知が何度もユーザーに届くことを防止できます。

値上げの通知

デベロッパが既存の登録者に対する価格を引き上げる際は、Appleから影響を受ける登録者にEメールとプッシュ通知で連絡し、値上げの通知と新しい価格への同意確認を行います。登録者が値上げに同意しない場合や何も応答しない場合、現在の請求サイクルの終了時に定期購読が終了します。サービスを中断なく楽しんでもらえるよう、アプリケーション内の表示やメーリングリストなどを使って、定期購読を継続するための行動を促すメッセージを届けるようにしてください。

お試し価格で定期購読を利用しているユーザーは、お試し期間の終了後に通常価格での請求を受けることに同意済みであると見なされるため、定期購読を継続するためにさらに何らかの手順を行うことは求められません。

複数のアプリケーションで利用できる定期購読の提供

自動更新の定期購読は、ポートフォリオに含まれる複数のアプリケーションで利用できるようにすることもできます。そのためには、自動更新型のApp内課金の使用承認をそれぞれのアプリケーションで得ており、それらのアプリケーションを同じデベロッパ名義でApp Storeに公開している必要があります。

複数のアプリケーションで利用できる定期購読では、ユーザーがどのアプリケーションからでも購読できるようにするため、iTunes Connectでそれぞれのアプリケーション内に同じ自動更新型App内課金を個別に設定する必要があります。同じ定期購読への支払いが重複することがないよう、定期購読のオプションをユーザーに表示する前に、各ユーザーがいずれかのアプリケーションでその定期購読を利用していないかどうか、デベロッパが確認する必要があります。確認を効果的に行うため、ユーザーがアカウントを作成して各アプリケーションにサインインすることができる、アカウント管理用システムを運用することも検討してください。

レシートを活用した登録者の保持

自動更新の定期購読のレシートには、ユーザーの定期購読の状況に関するリアルタイムの情報が記載されています。この情報を使用すると、定期購読がキャンセルされる原因を見極め、関連性のあるメッセージを表示してユーザーを維持するための対策を講じることができるようになります。

たとえばユーザーが定期購読をキャンセルする際に、Eメールやアプリケーション内での表示で専用のメッセージを届けることができます。このようなメッセージでは、コンテンツの価値を伝えたり、現在の購読期間の終了時までに再度登録するよう勧めたりすることができます。

今後の値上げについて登録者に通知する際は、値上げを実行する前に、ユーザーの同意状況を追跡確認することをお勧めします。ユーザーが値上げに同意していない場合、定期購読が終了する前に別のサービスレベルやコンテンツのプロモーションを行うと効果的です。

請求に関する問題(クレジットカードの有効期限切れなど)が発生した場合、デベロッパは問題の解決後にサービスが再開される具体的なタイミングを確認することができます。または、App Storeで定期購読の更新が試行されている間はサービスの提供を継続するようにすることもできます。

詳しくは、『Receipt Validation Programming Guide』をご確認ください。