Appのプロモーション

マーケティングガイダンス、ツール、プロモーションオファーなどを活用して、Appをユーザーに見つけてもらいやすくしたり、App内課金やサブスクリプションを促進したりしましょう。App StoreおよびAppleのマーケティングチャネル全体でAppが特集される機会についてもご紹介します。

App Storeのマーケティングツール

App Storeのプロダクトページにつながるショートリンクや埋め込み可能なコードを生成し、Appのアイコン、QRコード、App Storeのバッジを表示することができます。

ツールを見る(英語)

その他のアートワークとガイドライン

Webサイト、Eメール、ソーシャルメディアでAppを紹介する際に、Apple製品の画像およびApp Storeのバッジを使用することができます。

ガイドラインを見る

Smart App Banner

ユーザーがWebサイトからAppを簡単にダウンロードまたは起動できるようにしましょう。SafariのSmart App Bannerを使用すると、App StoreのAppへのダイレクトリンクとなるバナーを表示できます。Appがインストール済みの場合は、そのAppが開きます。

さらに詳しく(英語)

Apple Search Ads

Apple Search Adsを使用すると、AppをApp Storeの検索結果の上位に表示して、適切なタイミングでAppをユーザーに発見してもらうことができます。60の地域で利用可能で、100米ドル分のクレジットを使用して無料でお試しいただけます。

さらに詳しく

App Clipコード

App Clipコードは、ユーザーがApp ClipとAppを見つけられるようにする最善の方法です。App Clipコードは視覚的に美しく、特徴的であるため、App Clipが利用できることが一目でわかります。それぞれのコードはApp Clip用のURLが埋め込まれたデザインになっており、NFCタグを組み込むこともできるため、ユーザーはiPhoneをApp Clipコードに近づけるか、カメラでコードをスキャンすることで、App Clipを起動することができます。

さらに詳しく(英語)

プロモーションコード

報道関係者やインフルエンサーがAppまたはApp内課金を先行的に利用できるよう、App Store Connectで設定したプロモーションコードを提供しましょう。各プラットフォームで、Appのバージョンごとに最大100個のプロモーションコードを発行できます。また、App内課金ごとに最大100個のプロモーションコードが発行可能です。

さらに詳しく

サブスクリプションオファーコード

サブスクリプションオファーコードを使用して、ユーザーの獲得、維持、再登録を促進しましょう。このコードは一意の英数字コードで、自動更新サブスクリプションを無料または割引価格で利用できるようにするものです。1回限り使用できるコードをデジタル配信したり、オフライン(実際のイベントや製品展示の際など)で配布することができます。

さらに詳しく

プロダクトページ

App Storeのプロダクトページでは、あらゆる要素がAppをダウンロードしてもらうきっかけにつながります。Appプレビュー、スクリーンショット、プロモーション用テキストなど、吟味された質の高いメタデータを使って、Appがより多くのユーザーに見つけてもらえるようにしましょう。

さらに詳しく

予約注文

予約注文を受け付けて、新しいAppへの注目を集めましょう。Appがダウンロード用にリリースされる前に、App Storeでプロダクトページを公開して予約注文を受け付けることができます。予約注文を受け付ける場合、ダウンロードできるリリース日を予約注文から2日〜180日後の期間に設定できます。

さらに詳しく

Appバンドル

Appバンドルを使用すると、ユーザーが同一デベロッパのAppやゲームを1回の購入で最大10個まで、まとめて容易に購入できるようになります。有料App、または自動更新サブスクリプションを提供する無料AppでAppバンドルを作成すると、ユーザーがバンドル内のすべてのAppを利用できるようになります。Appバンドルを設定し、プロダクトページで効果的にマーケティングを行う方法についてご確認ください。

さらに詳しく

App内課金

ユーザーはApp Storeで直接App内課金を閲覧したり、Appのダウンロード前にApp内課金の購入ができるため、Appの内容がユーザーの目に触れやすくなります。Appのプロダクトページでは、サブスクリプションを含むApp内課金を最大20個までプロモーションすることができます。

さらに詳しく

その他の機能

Appleのテクノロジーによる追加機能をAppに実装している場合は、その旨を関連情報に含めましょう。