StoreKit 2の紹介

StoreKitを使用すると、すべてのAppleプラットフォームのAppで、ユーザーがデジタルの商品やサービスをシンプルかつ安全な方法で購入でき、コンテンツの閲覧や再生、ゲームなどをすぐに楽しめるようになります。StoreKit 2にSwiftベースの最新のAPIが導入されたことにより、優れたApp内課金の利用体験をさらに簡単に実現できるようになりました。

Swiftファーストな設計

StoreKit 2では、並行処理などの新しい言語機能を含むSwiftの最新技術が活用されています。その結果、プロダクト情報の取得、App内でのプロダクト販売、トランザクションの処理、コンテンツやサブスクリプションへのアクセス管理をシンプルな方法で行えるようになりました。

パワフルな新しいAPI

新しいAPIを使用すると、プロダクトのエンタイトルメントとオファーの対象資格を簡単に確認したり、AppにおけるApp内課金のトランザクションの全履歴を迅速に取得できます。その他にも、1回のシンプルなチェックでサブスクリプションの最新ステータスを把握することなどが可能になります。StoreKit 2の新しいAPIでは、新しいApp StoreサーバAPIと同じ情報が返されるため、呼び出し元がAppとサーバのどちらである場合でも、トランザクションの最新情報を取得することができます。

シンプルで安全なトランザクション

ユーザーは、希望する支払い方法を登録した安全なApp Storeアカウントを使用して購入を行います。トランザクションはTouch IDおよびFace IDとのディープなインテグレーションを基盤に行われるため、プライバシーとセキュリティが強固に保護されます。StoreKit 2では、App StoreによるJSON Web Signatureフォーマットでの暗号化署名がトランザクションに施されるため、セキュリティが高まり、トランザクション情報の解析が容易になります。また、StoreKit 2では、ユーザーがAppを初めて起動したのか、それとも別のデバイスにダウンロードしたのかにかかわりなく、Appで最新のトランザクションが利用可能になるよう自動的に処理されます。

カスタマーサポート

StoreKit 2の新しいAPIを使用すると、ユーザーがApp内から返金のリクエストやサブスクリプションの管理を行えるようにして、よりシームレスなサポートを提供することができます。また、新しいApp StoreサーバAPIにはApp内課金の問題を迅速かつ効率的に解決できる追加のサポート新しいオプションが用意されているため、カスタマーサポートの電話対応中にユーザーの購入情報を確認したり、ユーザーのサブスクリプションの更新日を延長したりすることが可能です。

テストのサポート

StoreKit 2を活用し、AppをXcodeおよびApp Store Sandbox環境でテストして、すべての新機能がシームレスに動作することを確認してください。

リソースとドキュメント

Xcode 13および以下のリソースを活用し、StoreKit 2を使ってApp内課金をビルドしましょう。

Xcode 13をダウンロードする(英語)