最新ビデオをチェック:カスタムプロダクトページの紹介

カスタムプロダクトページ

特定の機能やコンテンツをハイライトしたApp Storeプロダクトページの追加バージョンを作成して、各ページ固有のURLをマーケティング活動を通じて共有しましょう。

概要

iOS 15およびiPadOS 15以降でApp Storeプロダクトページの追加バージョンを作成して、特定のスポーツ、キャラクター、番組やゲームの機能などApp内の特定の機能やコンテンツをハイライトし、各ページ固有のURLを使って異なるユーザー層に共有できます。これらのページを使って、季節や文化に適したコンテンツを紹介することもできます。それぞれのカスタムプロダクトページでは、デフォルトのプロダクトページとは異なるスクリーンショット、プロモーション用テキスト、Appプレビューを使うことができます。

App Store Connectでの設定

App Store Connectでカスタムプロダクトページを作成する際、デフォルトのプロダクトページを基に作成するか、新規に作成し直すかを選択できます。その後、ページのローカリゼーションに向けて、スクリーンショット、プロモーション用テキスト、Appプレビューをカスタマイズできます。ページに含めるメタデータは、すべて審査に提出する必要があります。その際、Appのアップデートとは別に提出できます。またApp Store Connect APIを使用すると、カスタムプロダクトページのメタデータをアップロードして提出する作業を自動化できます。1つのAppにつき、一度に最大35通りのカスタムプロダクトページをApp Storeで公開できます。審査を円滑に進めるため、スクリーンショットAppプレビューが仕様に準拠し、すべてのメタデータがApp Store Reviewガイドライン従っていることを確認してください。

カスタムプロダクトページのマーケティング

カスタムプロダクトページを作成したら、各ページ固有のURLを使って、ソーシャルメディアでの広告やプロモーションなどのマーケティングに利用できます。たとえば、メールでのキャンペーンで特定のスポーツチームをプロモーションし、そのチームにスポットを当てたカスタムプロダクトページへのリンクを含めることができます。固有のURLは、デフォルトのプロダクトページのURLに新しいプロダクトページのIDパラメータを追加したものです。例:https://apps.apple.com/us/app/mountain-climber/id12345678?ppid=45812c9b-c296-43d3-c6a0-c5a02f74bf6e

カスタムプロダクトページは、ユーザーがApp StoreでAppやゲームを検索した場合は表示されませんが、「Today」、「ゲーム」、「App」の各タブのエディターのおすすめに表示される可能性があります。

広告ネットワークは、StoreKitを通じて表示される広告でカスタムプロダクトページを使用することもできます。SKOverlayを使用する場合はcustomProductPageIdentifierとして、SKStoreProductViewControllerを使用する場合はSKStoreProductParameterCustomProductPageIdentifierとして、カスタムプロダクトページIDを使用します。

カスタムプロダクトページを使用すると、Apple Search Adsで異なるバリエーションの広告を作成できます。またカスタムプロダクトページは、Apple Search Adsアカウントから直接選択できるため、より関連性の高い広告をさまざまなユーザー層に向けて作成できます。Apple Search Adsについてさらに詳しく

パフォーマンスの測定

カスタムプロダクトページを公開したら、App Store ConnectのAppアナリティクスでパフォーマンスを測定できます。「Acquisition(獲得)」タブで、プロダクトページのインプレッション数、ダウンロード数、再ダウンロード数、コンバージョン率を確認して、Appのダウンロードを促す上で各ページがどの程度効果的であるかを把握することができます。また、各カスタムプロダクトページのリテンションデータや購入ユーザー1人あたりの平均収益を確認することもできます。さらに、カスタムプロダクトページのパフォーマンスをデフォルトのプロダクトページと比較し、カスタムプロダクトページからAppをダウンロードしたユーザーの方がエンゲージメント期間が長い、またはApp内課金アイテムの購入率が高いなどの傾向があるかを確認できます。

リソース