AR制作ツール

Reality Composerは、3Dの制作経験がなくても、インタラクティブな拡張現実体験を手軽に創り出せるパワフルなツールです。Reality Converterは、既存の3Dモデルを素早くUSDZに変換できるため、AppleのツールやAR対応のiPhoneやiPadデバイスでシームレスに扱うことができます。

Reality Composer

iOS、iPadOS、macOS用のReality Composerを使用して、iPhoneやiPad用のAR体験を手軽に構築、テスト、チューニング、シミュレートすることができます。ライブリンク機能により、MacとiPhone、MacとiPadの間で迅速な行き来ができるため、魅力的なAR体験を生み出し、AR Quick Lookにエクスポートしたり、XcodeでAppに統合したりすることができます。

ビルトインARライブラリ

自作のUSDZファイルをインポートしたり、ビルトインARライブラリ内ですぐに使える数百個ものバーチャルオブジェクトを活用したりしましょう。このライブラリでは、様々なアセットに対して手続き型コンテンツ生成の強力な機能を利用することで、バーチャルオブジェクトのサイズやスタイルなどをカスタマイズできます。

アニメーションとオーディオ

バーチャルオブジェクトにアニメーションを追加して、移動、拡大・縮小したり、小刻みな動きや回転などの強調効果を加えたりすることができます。ユーザーがオブジェクトをタップしたとき、オブジェクトに非常に近づいたとき、または他のトリガーを実行したときに起こるアクションを選択できます。また、スペーシャルオーディオを活用して、ARシーンのリアリティ水準を向上させることもできます。

シームレスなツール

Reality ComposerはXcodeに同梱されており、iOS AppやiPadOS Appでも入手できるため、iPhoneまたはiPad上だけでAR体験を構築、テスト、チューニング、シミュレートすることができます。また、ライブリンク機能により、異なるプラットフォーム間を迅速に移動できるため、その場に合った最適なデバイスで、複雑でとびきりのAR体験を創り出せます。

記録と再生

iOS向けのReality Composerでは、センサーとカメラのデータをAR体験が実行される場所で記録しておき、後でAppの構築中にiOSデバイス上で再生することができます。

USDZでのエクスポート

Reality ComposerでUSDZでのエクスポートができるようになりました。Reality Composerで制作されたすべてのアニメーション、アンカー、スペーシャルオーディオをUSDZ形式でエクスポートすることができます。

Reality Converterベータ版

新しいReality Converter Appを使えば、MacでUSDZの3Dオブジェクトを手軽に変換、表示、カスタマイズできます。.obj、.gltf、.usdなどの一般的な3Dファイル形式をドラッグ&ドロップするだけで、USDZの変換結果を表示し、好みのテクスチャでマテリアルプロパティをカスタマイズし、ファイルのメタデータを編集できます。ビルトインのIBLオプションによって、様々な照明や環境条件の下でUSDZオブジェクトをプレビューすることもできます。

ダウンロード

Xcode 11

macOS用のReality ComposerはXcode 11に同梱されており、Mac App Storeで入手できます。

Mac App Storeで見る(英語)

Reality Composer

iOSおよびiPadOS用のReality ComposerはApp Storeで入手できます。

App Storeで見る(英語)

Reality Converter

新しいReality Converter Appを使えば、MacでUSDZの3Dオブジェクトを手軽に変換、表示、カスタマイズできます。

Reality Converterをダウンロードする(英語)

USDZツール

USDZファイルを生成、検証、検査するために不可欠なPythonベースのツールをダウンロードしましょう。他の3Dファイル形式からUSDZファイルを作成するコンバータ、PixarのUSDライブラリとサンプルスクリプトも同梱されています。

USDZツールをダウンロードする(英語)