AR Quick Look

Safari、メッセージ、メール、News、メモなどの内蔵Appは、Quick Lookを使って、バーチャルオブジェクトのUSDZファイルをiPhoneやiPad上で3DやARで表示します。Quick LookビューをAppやWebサイトに埋め込むことで、極めて精細なレンダリングをオーディオ再生付きで周囲の現実環境に配置して、ユーザーに提供することができます。

アニメーションの使用例

AR Quick Lookでは、制作するAR体験に動作やアニメーションを組み込むことができます。インタラクティブなAR Quick Look*を、以下の「フォー・オール・マンカインド」の操作可能オブジェクトの例で体験してみましょう。

3Dモデル

iPhoneまたはiPad上で以下のいずれかの3Dモデルをタップしてオブジェクトを表示し、ARに配置してみましょう*。または、Mac上でいずれかのモデルをクリックすると、USDZファイルをダウンロードすることができます。

バナーでの使用例

AR Quick Lookでは、Apple Payの組み込みやカスタムアクションの追加によって、ユーザーの興味を引く体験を提供できます。AR Quick Look*を通じたカスタムアクションの魅力を、以下のモデルで体験してみましょう。

Webサイトでの使用例

デベロッパが自身のWebサイト用に作成した、極めて精細にレンダリングされたオブジェクト(USDZファイル形式)の例を紹介します。iPhoneまたはiPadのSafariで以下のオブジェクトのいずれかをタップすると、該当するWebサイトに移動します。そこでARのアイコン()をタップすると、オブジェクトをARで体験できます。*

メトロポリタン美術館(ニューヨーク)は、カリブ海地域からの木彫りの神像(ゼミ)を、USDZ形式のARモデルで制作しました。このモデルは、AR Quick Lookの新機能を活用しており、モデルを観賞しながらオーディオトラックを再生することができます。

コホバ儀式に使われたゼミ神像