AR Quick Look

Safari、メッセージ、メール、News、メモなどの内蔵のiOS Appは、Quick Lookを使ってバーチャルオブジェクトのUSDZファイルを3DやARで表示します。Quick LookビューをAppやWebサイトに埋め込むことで、キラキラしたバーチャルオブジェクトに現実世界の周囲の景色が映り込むなど、極めて詳細にレンダリングされたオブジェクトがユーザーに表示されます。

3Dモデル

iOS 12以降を搭載したデバイス上で以下のいずれかの3Dモデルをタップしてオブジェクトを表示し、ARで配置してみましょう。または、Mac上でいずれかのモデルをクリックすると、USDZファイルをダウンロードすることができます。

Web上での例

デベロッパが自身のWebサイト用に作成した、極めて詳細にレンダリングされたオブジェクト(USDZファイル形式)の例をご紹介します。iOS 12のSafariで以下のオブジェクトのいずれかをタップすると、該当するWebサイトに移動します。そこでARのアイコン()をタップすると、オブジェクトをARで体験できます。

usdzツール

usdzファイルを生成、確認、検査するために必要なPythonベースのツールをダウンロードしましょう。usdz以外のファイル形式からusdzファイルを作成するコンバータ、およびPixarのUSDライブラリとサンプルスクリプトも同梱されています。

usdzツールをダウンロードする(英語)