Xcode Cloudの利用開始

Xcode Cloudは、Xcodeに組み込まれた継続的インテグレーションおよびデリバリーサービスで、Appleデベロッパのために設計されたものです。利用要件、使い始めるためのツール、サブスクリプションの管理について紹介します。

ワークフローの設定

Xcode Cloudを使用するには、Xcode 13.4.1以降と、Apple Developer Programのメンバーシップが必要です。まず、Xcodeでワークフローを設定して開始します。ワークフローの設定は、Account Holder、Admin、またはApp Managerが行えます。App Store ConnectでAppレコード作成のアクセス権を付与されているDeveloperまたはMarketingの役割を持つチームメンバーが設定することもできます。役割について詳しくは、こちらで確認できます。毎月25時間分のコンピューティング時間を無料で利用できます。*

ワークフローの設定について詳しく

サブスクリプションの管理

ワークフローを設定すると、Apple Developer ProgramメンバーシップのAccount Holderは、iPhoneおよびiPadのApple Developer Appの「アカウント」タブでサブスクリプションに登録し、追加のコンピューティング時間を利用できるようになります。サブスクリプションプランの価格は米ドル、または現地通貨(利用可能な場合)で設定されています。

サブスクリプションプラン

25
コンピューティング時間/月

無料*

100
コンピューティング時間/月

49.99米ドル/月

250
コンピューティング時間/月

99.99米ドル/月

1000
コンピューティング時間/月

399.99米ドル/月

*2023年12月まで無料です。サブスクリプション登録すると、以降は1か月14.99米ドルで利用できます。

Account Holderは、サブスクリプションをいつでも開始、アップグレード、またはダウングレードできます。サブスクリプションをアップグレードまたはダウングレードすると、以下のように処理されます。

  • サブスクリプションをアップグレードすると、新しい請求期間が開始し、新しいプランの利用をすぐに始めることができます。利用可能な時間数は0にリセットされ、新しいサブスクリプションに応じたコンピューティング時間数に置き換えられます。
  • サブスクリプションをダウングレードした場合でも、その時点での請求期間中はダウングレード前のプランを継続して使用できます。
  • 有料サブスクリプションをキャンセルした場合、その時点での請求期間中はそのプランで利用可能な時間数を利用できますが、以降は、1か月25時間のコンピューティング時間となります。
  • 有料サブスクリプションのキャンセル後にXcode Cloudの利用を停止した場合は、プロダクト、ワークフロー、ビルドを含むすべてのデータにアクセスできなくなり、復元もできなくなります。この処理には数時間かかる場合もあります。すべてのサービスとXcode Cloudの接続を完全に解除する方法について確認してください。

コンピューティング時間

コンピューティング時間とは、Appのビルドや自動テストの実行など、クラウドで特定のタスクの実行に費やす時間数(1時間単位)です。例えば、12分間のテストを5回実行する場合は、1コンピューティング時間に相当します。Xcode Cloudでは、分析、アーカイブ、ビルドといった他のアクションとテストが並列実行されるため、すばやくテスト結果が得られます。

チーム全体でのコンピューティング時間の使用状況は、App Store ConnectおよびApple Developer Appで追跡できます。Xcode Cloudの使用状況データの表示方法については、こちらをご覧ください。

さらに詳しく

ドキュメントとビデオ

Apple Developer Forum

質問を投稿したり、ほかのデベロッパやAppleのエンジニアと技術的な情報を交換したりできます。

フォーラムを見る

フィードバックアシスタント

バグレポートを送信したりAPIやデベロッパツールの改善をリクエストしたりすることができます。

フィードバックアシスタントにアクセスする

サポート

ご質問があれば、Apple Developer Supportまでお問い合わせください。ご不明な点について、Apple Developer Supportが電話またはEメールでお答えします。

お問い合わせ