カテゴリを選択する

App StoreおよびMac App Storeのカテゴリは、ユーザーが自分のニーズに合ったAppを見つける上で役立ちます。このページでは、Appのカテゴリを検討する際に、正確かつ効果的なカテゴリを選ぶにはどうすれば良いかをご紹介します。

カテゴリが表示される場所

Appには、プライマリカテゴリとセカンダリカテゴリの2種類のカテゴリを設定できます。App Storeで見つけてもらいやすくするには、プライマリカテゴリが特に重要です。ユーザーがApp Storeをブラウジングするときや検索結果を絞り込むときに、設定したプライマリカテゴリでAppが表示されます。また、iOS 11App Storeで「App」タブと「ゲーム」タブのどちらに表示されるかも、プライマリカテゴリによって決まります。

Mac Appの場合、選択したプライマリカテゴリが、ユーザーがMac App Storeを閲覧したり、検索結果を絞り込んだりした時に表示されるカテゴリになります。macOS 10.14Mac App Storeでは、このプライマリカテゴリによってカテゴリタブ内での配置も決まります。

プライマリカテゴリを選ぶ

たとえば、写真共有ができるソーシャルネットワーキングAppを開発したとしましょう。App Storeでは, 写真/ビデオまたはソーシャルネットワーキングをプライマリカテゴリとして選択できます。どのカテゴリがAppにとって最適かを判断する際、以下の点を考慮してください。

  • Appの目的:プライマリカテゴリには、Appの主な機能/テーマを最も的確に示すものを選んでください。
  • 自分のAppと類似したAppをユーザーが探すとき、どのカテゴリで探すか:対象ユーザーについて考えることが大切です。「ユーザーが自分のAppを探すとしたら、どのカテゴリで探すだろうか?」「ユーザーは、このAppをソーシャルネットワーキングAppとみなすだろうか、それとも写真Appとみなすだろうか?」といった点を考えることができます。
  • 自分のAppと類似したAppが見つかるカテゴリ:類似したAppにどのカテゴリが設定されているかを調査します。ユーザーは、その種類のAppを見つけるにはどのカテゴリで探せば良いか、すでに知っている可能性があります。

設定するカテゴリが、Appの核となる機能を的確に反映するようにしてください。Appに不適切なカテゴリを設定すると、「App Store Reviewガイドライン」の違反となります。

特別なケース

子ども向けApp:子ども向け(11歳以下)のAppを開発した場合は、App Store Connectで「子ども向けに制作」チェックボックスを選択し、該当する年齢層(5歳以下、6〜8歳、9〜11歳)を選択してください。そのAppは、子ども向けAppの「App Reviewガイドライン」に準拠していなければならず、App Storeの「子ども向け」カテゴリとして承認されるための審査が行われます。また、そのAppは、「子ども向け」カテゴリに加え、その他のプライマリカテゴリおよびセカンダリカテゴリにも表示されます(「ゲーム」「エンターテインメント」「教育」など)。

ゲーム:開発したAppがゲームの場合は、ゲームのサブカテゴリを最大2つまで設定できます。ユーザーは、App Storeのサブカテゴリをブラウジングするか、「ゲーム」のサブカテゴリチャートでゲームAppを探します。どのサブカテゴリが最適かわからない場合は、どのような種類のゲームがそれぞれのカテゴリに掲載されているかを調査した上でカテゴリを決定してください。

ステッカー:App Store for iMessageでは、ステッカーパックAppに「ステッカー」カテゴリを設定するか、そのAppを最も的確に示すプライマリカテゴリを設定できます。「ステッカー」カテゴリを設定する場合は、ステッカーのサブカテゴリも設定できます。スタンドアロンのステッカーパックAppは、iPhoneとiPadのApp Storeではどのカテゴリにも掲載されず、検索結果にのみ表示されます。iOS AppにiMessage Extensionを実装する場合は、そのiOS App本体のカテゴリがiPhoneとiPadのApp StoreおよびApp Store for iMessageで使用されます。さまざまな種類のiMessage AppやExtensionについて詳しくは、「iMessage + App」をご覧ください。

カテゴリを比較する

さまざまなカテゴリを比較して、開発したAppに最適なカテゴリを見つけましょう。