CARROT WeatherApple Watch

CARROT Weatherは、Grailr社によるCARROTシリーズの5番目のAppであり、Mueller氏はこのAppでApple Watchに重点を置くことにしました。

CARROT WeatherでiPhoneからApple Watchに移行した時は、完全に基本に立ち返り、一から設計しました。また、通常はiPhoneのインターフェイスに表示される項目を、Watchでも再現できるようにするため、Watchに内蔵されているすべてのハードウェア機能をできる限り活用するようにしました」とMueller氏は語ります。

Mueller氏は少数の重要なデータポイントにフォーカスし、色を使って天候状況を知らせることにしました。これにより、ユーザーは文字を全部読まなくても天気の情報を簡単に知ることができます。CARROT Weatherを購入したユーザーは、Watchの文字盤に直接天候データを表示できるCARROTコンプリケーションを利用するための非更新型サブスクリプションを購入することもできます。

Mueller氏によると、この1.99ドルのサブスクリプションは必要性があって生まれたものでした。「Appがデータをアップデートするたびに、通信料金がわずかに発生します。iPhone Appでは、多くても1日に1〜2回しか使用しないため問題になりませんが、Apple Watchのコンプリケーションは、1時間に数回のアップデートを毎時間、毎日行っているのです。これでは、すぐに結構な通信量になってしまいます」とMueller氏は話します。

Mueller氏の経験によると、Appの将来のコストを考慮し、それをビジネスモデルの決定に織り込むことが重要です。「一度限りの購入よりもサブスクリプション型を選んだのは、一度限りの購入ではユーザーがAppを数年利用することも考慮してコストをカバーしなければならず、表示価格がずっと大きくなってしまうと考えたからです」とMueller氏は述べています。

創設
2013年

本社
ペンシルベニア州フィラデルフィア

取り上げたApp
CARROT Weather

カテゴリ
天気

プラットフォーム
iOS、macOS、watchOS、tvOS

ユーザーに対して正直であり、正当な理由を明確に説明すれば、ユーザーは喜んで支払ってくれるはずです。

Mueller氏が語る、CARROT Weatherコンプリケーションのサブスクリプションの利点を伝える方法。

ユーザーがAppをダウンロードするために料金を支払い、さらに追加機能を購入できるペイミアムモデルを成功させるためには、App内課金アイテムの価値を事前に伝えることが不可欠です。Mueller氏はこう話します。「大切なのは、App内課金を行うことで何がもたらされるのか、すでに支払ったはずのAppにさらに課金が必要なのはなぜか、といったことをユーザーに対して十分に説明することです。ユーザーに対して正直であり、正当な理由を明確に説明すれば、ユーザーは喜んで支払ってくれるはずです」

「つまり、バーチャルペットの猫のコスチュームであれ、Watchコンプリケーションのような実用的な機能であれ、Appに何度も戻ってきてもらえるよう常にユーザーに働きかけることで、収益を上げ続けることができるのです」

「ビジネスモデルを選択する」を見る

iPhoneのCARROT Weatherに表れているCARROTの独特な雰囲気には、熱心なファンがついています。