ARKit

世界最大のARプラットフォームであるiOS 11で、何億ものユーザーに向けすばらしい拡張現実体験を構築しましょう。ARKitによって、デジタルオブジェクトや情報をユーザーの周りの環境と融合させることで、アプリケーションを通じて画面の枠を超えたまったく新しい方法で現実世界と関わることができるようになります。

ハードウェアとソフトウェアの統合

TrueDepthカメラ

iPhone XとARKitにより、拡張現実アプリケーション上で革新的かつ堅牢なフェイストラッキングを行うことができるようになりました。TrueDepthカメラを使うと、アプリケーションでユーザーの顔の位置、トポロジー、表情を非常に正確かつリアルタイムで検出することができます。その結果、撮影した自撮り画像にリアルタイムでエフェクトを加えたり、ユーザーの表情に基づいて3Dキャラクターを動かしたりを容易に行うことができます。

Visual Inertial Odometry(VIO、視覚慣性オドメトリ)

ARKitは、Visual Inertial Odometry(VIO)を使って周囲の世界を正確にトラックします。VIOは、カメラセンサーから取り入れたデータをCore Motionのデータと融合します。これら2種類の情報によって、デバイスの室内における動きを極めて正確に検知します。追加でのキャリブレーションは必要ありません。

シーン認識と照明光推定

iPhoneとiPadでARKitを使うと、カメラビューで映し出されるシーンを分析して室内の水平面と垂直面を検出できるようになるほか、小さな特徴点でもオブジェクトを追跡したり配置したりできるようになります。ARKitでは、カメラセンサーを使ってシーンの光の量を推定し、仮想オブジェクトに適切な強さの照明を当てることもできます。

ハイパフォーマンスのハードウェアとレンダリングの最適化

ARKitは、Apple A9、A10、A11プロセッサで動作します。すばらしいパフォーマンスを発揮するこれらのプロセッサによってシーンがすみやかに認識され、現実世界に精緻で魅力的なバーチャルコンテンツを重ねることが可能になります。ARKit向け最適化によるメリットは、Metal、SceneKitのほか、UnityやUnreal Engineのような他社製ツールでも活用できます。

設計および開発リソース

Xcodeの最新バージョンをダウンロードし、以下のリソースを活用して、ARKit 1.0ARKit 1.5を使ったアプリケーションやゲームを開発しましょう。

Xcode 9iOS 11

iOS 11Xcode 9の最新バージョン(iOS 11 SDKを含む)をダウンロードすれば、アプリケーションに今すぐAR機能を実装できます。

設計と審査に関するガイドライン

アプリケーションやゲームの開発を検討する際、以下のガイドラインは迫力のある拡張現実体験を設計するために役立ちます。

ディスカッションフォーラム

App Storeで公開されているAR

ARKitを使って開発されたユニークなアプリケーションやゲームをご覧ください。

App Storeで見る

あなたのアプリケーションについて教えてください。

「ARKitを活用したすばらしい体験」の開発に取り組まれており、それをAppleに共有したい場合は、ぜひご連絡ください(英語)