Reality Composer

AR体験のプロトタイプやコンテンツ制作を誰でも簡単に行えるようになりました。それをXcodeを使用してAppに組み込んだり、AR Quick Lookにエクスポートしたりできます。Reality Composerを使用すると、iOSおよびMac上でアニメーションやインタラクションを作成して、3Dコンテンツの魅力を高めることができます。

Reality Composerのダウンロード

ビルトインARライブラリ

自作のUSDZファイルをインポートしたり、ビルトインARライブラリ内のすぐに使える数百個ものバーチャルオブジェクトを活用しましょう。このライブラリでは、様々なアセットに手続き型コンテンツ生成の強力な機能を活用しているため、バーチャルオブジェクトのサイズやスタイルなどをカスタマイズできます。

アニメーションとオーディオ

アニメーションを追加して、移動、拡大・縮小したり、小刻みな動きや回転などの強調効果を加えたりすることができます。ユーザーがオブジェクトをタップしたとき、オブジェクトに非常に近づいたとき、または他のトリガを実行したときに発生するアクションを選択できます。また、スペーシャルオーディオを活用して、ARシーンのリアリティを向上させることもできます。

シームレスなツール群

Reality ComposerはXcodeに同梱されており、かつiOS Appでもあるため、iPhoneまたはiPad上だけでAR体験を構築、テスト、チューニング、シミュレートすることができます。また、ライブリンク機能によりMacとiOS間を迅速に移動できるため、そのときに最適なデバイスで、複雑で素晴らしいAR体験を作成できます。

記録と再生

iOS向けのReality Composerでは、センサーとカメラのデータをAR体験が実行された場所で記録しておき、後でAppの制作中にiOSデバイス上で再現することができます。

RealityKit

この新しいハイレベルのフレームワークは拡張現実専用に一から開発され、写実的レンダリング、カメラエフェクト、アニメーション、物理エンジンなどのほか、Swift APIを使用することもできます。ARKitのネイティブ統合、驚くほどリアルな物理ベースレンダリング、変換およびスケルタルアニメーション、スペーシャルオーディオ、剛体物理などを備えたRealityKitは、AR開発をこれまで以上に迅速かつ簡単にします。

RealityKitについてさらに詳しく

世界トップクラスのレンダリング

RealityKitでは、リアルな物理ベースの素材、環境反射、地面に映る影、カメラノイズ、被写体ぶれなどを使用して、現実との区別がほとんどつかないほどに、バーチャルコンテンツを現実世界に溶け込ませることができます。

スケーラブルなパフォーマンス

最新のMetal機能を利用してGPUの性能を最大限に引き出すRealityKitでは、CPUキャッシュやマルチコアをフル活用して、驚くほど滑らかな映像と物理シミュレーションを実現することができます。また、各iOSデバイスに合わせてAR体験のパフォーマンスが自動的に調整されるため、AR体験を1つ構築するだけで済みます。

Swift API

使いやすいのに驚くほどパワフルなRealityKitでは、Swiftの豊富な言語機能により、完全な機能セットが自動的に提供されます。これにより、AR体験の構築期間がこれまで以上に短縮され、定型コードも不要になります。

共有可能なAR体験

安定した接続状態の維持、ネットワークトラフィックの最適化、パケットロスへの対応、オーナーシップの移転といったネットワーク関連の面倒な作業はRealityKitがすべて処理するため、共有可能なAR体験の開発をシンプルにします。