Appleデベロッパ向けの最新情報

Appleプラットフォーム向けAppの開発に使用するツールキットであるSDKのiOS 16、 iPadOS 16、 macOS 13、 tvOS 16、watchOS 9向けの最新版で利用可能な主要テクノロジーと注目の機能について説明します。

Xcode

SwiftとSwiftUIのシンプルさとパワーを活用し、新しいマルチプラットフォームApp体験の実現、強化されたエディタ機能を利用した、より高速なコーディング、Xcode CloudからTestFlightやApp Storeに移行してテスト、デプロイを始めたりすることができます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

SwiftUI

SwiftUIは、すべてのAppleプラットフォームに向けて魅力的なユーザーインターフェイスを開発するための最新のツールです。使い方をいったん習得すると、あらゆる場面で活用できます。今年のアップデートでは、SwiftUIのパワーと柔軟性がさらに増し、導入もより簡単になりました。新しいステートフルなナビゲーションAPIを使用してAppのナビゲーションをコントロールし、刷新されたカスタムレイアウトを使用してAppに最適なレイアウトを構築し、UICollectionViewの新しいカスタムセルに対応したSwiftUIをUIKit Appでよりシームレスに活用することができます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

Swift

このパワフルなプログラム言語では、正規表現のサポートが組み込まれたほか、新しいRegexビルダやカスタムツールの作成や共有のためのパッケージプラグインが追加されました。今回の最新アップデートでは、ジェネリクス構文が改善され、Appのビルドと起動の際の内部のパフォーマンスも向上しています。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

WidgetKit

WidgetKitでは、SwiftUIを活用して、Apple WatchのコンプリケーションおよびiPhoneのロック画面のウィジェットを作成できるようになったため、ユーザーが一目で確認できることが増えました。iOS 16用とwatchOS 9用のコードをいったん作成すれば、そのインフラストラクチャを既存のホーム画面のウィジェットと共有できます。

今年中にリリースされるiOS 16のアップデートでは、WidgetKitを使用してライブアクティビティを作成できるようになります。ロック画面上で、Appのアクティビティや情報をリアルタイムでユーザーに表示することができます。SwiftUIを使えば、ライブアクティビティの状態の遷移をアニメーションすることも可能です。

最新のビデオを見る

App Intent

App上でのタスクが、音声やタップ操作で簡単に実行できるようになります。App Intentは、アクションを短時間で簡単に構築できるよう設計されたSwift専用の新しいフレームワークで、新しいAppショートカットを構築するために使用できます。Appショートカットを使うためにユーザー設定は必要なく、AppがiOS、iPadOS、watchOSにインストールされると同時に利用可能になり、ショートカットApp、Spotlight、Siriから実行できます。Appショートカットはパラメータと別名に対応しているため、ユーザーはSiriを通してより自然にAppとやり取りできます。

最新のビデオを見る

WeatherKit

幅広いデータに基づいた有益な気象情報をAppやサービスで提供することにより、ユーザーは最新情報を確認し、身を守り、備えることができます。WeatherKitは、プラットフォーム固有のSwift APIを使って簡単にAppに導入できます。その他のプラットフォームでも、REST APIを使って利用できます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

マップ

非常に詳細な3D都市体験を含め、新しくなったマップを最大限に活用しましょう。3D地図にシームレスに統合するオーバーレイを使用してデータを視覚化し、Selectable Map FeaturesとLook Around APIを使用し、インタラクティブで臨場感あふれる体験を生み出すことができます。新しいMaps Server APIは、パフォーマンスの向上、データ使用量の削減、バッテリー持続時間の改善を実現します。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

Metal 3

Metalには、低オーバーヘッドのAPI、ハイレベルのシェーディング言語、緊密に統合されたグラフィックスと演算プログラム、GPUのプロファイル/デバッグ用の高度なツールセットが用意されているため、Appleプラットフォームでハードウェアアクセラレーターを使用するグラフィックスの強化が可能です。またMetal 3には、ゲームやプロ向けAppでAppleシリコンのポテンシャルを最大限に発揮するためのパワフルな機能が追加されました。より短時間での高解像度グラフィックスのレンダリング、より高速なリソースの読み込み、GPUを活用した機械学習ネットワークのトレーニングなどが可能になりました。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

拡張現実

ARKit 6

4Kビデオ対応のARKit 6は、目を見張るような、高解像度の4Kビデオをキャプチャできます。プロフェッショナルな映像編集、映画製作、ソーシャルメディアなどのAppに最適です。ビデオとキャプチャの機能が拡張され、HDRビデオとバックグラウンドでの高解像度の画像キャプチャに対応しました。またARKit 6では、ロケーションアンカーがモントリオール、シドニー、シンガポール、東京などの都市に新たに対応し、モーションキャプチャの機能も強化されています。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

RoomPlan

ARKitを活用するRoomPlanは、iPhoneやiPadのカメラとLiDARスキャナを使用して部屋の3D見取り図を作成する新しいSwift APIです。見取り図には部屋の寸法や家具の種類などの主な特徴を含めることができます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

機械学習

Core ML

Core MLを活用する機能をXcode 14で分析して最適化しましょう。コードを記述することなく、Mac上または接続されているiOSデバイス上で、Core MLモデルのパフォーマンスレポートを生成できるほか、読み込み回数と予測回数の概要や、演算ユニットの使用状況の内訳を確認することができます。Appをプロファイルし、InstrumentsのCore MLテンプレートを使用して、Core ML APIのコールおよびそれに関連するモデルを表示したり、Core ML、 Neural Engine、GPU Instrumentsからの情報を組み合わせて、アクセラレーターのハードウェア上でモデルが実行されたタイミングと箇所を追跡したりできます。さらに、各イベント、各モデル、各サブモデルに対するタイミングデータの集計が要約されます。

Core MLフレームワークは、Float16のI/O機能タイプに対応し、予測用の独自の出力バッファのバッキングを提供するAPIと組み合わせることにより、Core MLモデルのデータ入出力フローの効率をより詳細に制御できるようになります。また負荷分散圧縮に対応し、演算をCPUとNeural Engineに限定できると同時に、メモリ内モデルのインスタンス生成も可能になりました。

Create ML対応App

Create ML対応Appの評価用UIでは、インタラクティブな方法でモデルの精度を確認できます。主要な指標および具体例との関連性を検証することにより、難しいユースケースやデータコレクションへの追加投資の必要性を把握し、モデルのクオリティを向上させることが可能です。iPhoneカメラからのライブビデオで、モデルの予測をプレビューできます。

Create MLフレームワーク

Create MLは、tvOS、iOS、iPadOS、macOSでのSwiftフレームワークとして利用可能です。多くの一般的なモデルタイプで利用できるタスク固有のトレーニングAPIに加え、MLの豊富なビルディングブロックと新しいCreate ML Componentsフレームワークとを組み合わせることにより、独自のカスタムモデルとトレーニングパイプラインを定義できるようになりました。

最新のビデオを見る

SharePlay

SharePlayを使って、FaceTime内だけでなく、メッセージAppでも体験を直接共有できるようになりました。iOSとiPadOSでは、SharePlay対応のAppがFaceTimeコントロールにも表示されるため、ユーザーはAppで利用できる共有機能をが発見しやすくなります。

最新のビデオを見る

あなたと共有

新しいShared with YouフレームワークとCollaboration APIを使用することにより、Appが提供するコラボレーション体験をメッセージApp内やFaceTime内に表示させ、ユーザーがメッセージApp内で共有したコンテンツを、App内の新しい「あなたと共有」セクションでハイライトすることが可能です。

最新のビデオを見る

連係カメラ

macOS 13の 連係カメラを使うと、ユーザーはiPhoneをMac用のカメラとして使うことができます。これは、すべてのAppで自動的に機能しますが、さらに活用することも可能です。新しいAPIにより、カメラ入力の自動切り替え、デスクビューカメラストリームへのアクセス、AVCaptureを使用したiPhoneのカメラ機能(フラッシュモード、高解像度キャプチャ、写真画質の優先順位など)へのアクセスが可能になります。

最新のビデオを見る

パスキー

アカウント認証の業界標準規格をベースとしたパスキーにより、パスワードが暗号鍵のペアに変更され、より簡単に使用できるようになったのと同時に、安全性もさらに向上しました。パスキーに切り替えることで、各種プラットフォームでシンプルかつ安全にAppやWebサイトにサインインでき、パスワードも必要なくなります。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

App内課金

新しいAPIと最新の機能強化を活用すると、より優れたApp内課金体験を生み出すことができます。XcodeにApp Store ConnectからのApp内課金アイテムを同期したり、AppにStoreKitのメッセージシートを表示する条件をコントロールしたり、App内にオファーコード利用シートを表示したりできます。テスト通知をリクエストする機能や、App内課金の追加シナリオをSandbox環境とXcodeでテストする機能など、新しいテスト機能を活用して優れたユーザー体験を構築できます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

ウォレットとApple Pay

運転免許証と州発行の身分証明書に対応したAppleウォレットの新機能を統合することにより、App内でユーザーの年齢確認や本人確認を安全に行うことができます。1 Apple Payトランザクションのレシートと注文追跡情報の詳細がウォレットに表示されるようになったため、注文状況の更新を通知できるようになり、カスタマーサービスや注文管理オプションにも簡単にアクセスできるようになります。

Apple Payで後払い」では、購入金額を均等な4回払いで、6週間にわたり支払うことが可能で、利息や手数料も発生しません。2 この機能はウォレットに内蔵されているため、ユーザーは支払いの金額や状況を簡単に管理できます。

支払い用のAppでは、非接触型のクレジット/デビットカード、Apple Pay、 Apple Watch、およびその他のデジタルウォレットを搭載したスマートフォンによる非接触での支払いがiPhone本体で可能になり、端末やハードウェアも不要です。3

新しいApple PayのマーチャントトークンおよびPayment Request APIのトランザクションタイプを使うことで、自動的および定期的な支払い体験を細かく調整できます。また、1つのApple Pay支払いシートを使用して、複数の支払い先に対して購入金額を指定する機能を追加することも可能です。

ウォレットの最新機能について読む

Apple Payの最新機能について読む

最新のビデオを見る

CarPlay

車内でよりスマートかつ安全にiPhoneを使用できるCarPlayでは、経路案内、電話、メッセージの送受信、音楽の再生を、運転に集中しながら車載ディスプレイ上で実行できます。運転タスクAppは、運転中の主要なタスクに関するサポートをユーザーに提供します。EV充電Appが統合された給油Appは、給油と充電を管理してスムーズなドライブを可能にします。ナビゲーションAppでは、ドライバーの正面にあるメーターパネルなど、2つ目の場所に地図や詳細な経路案内を表示させることができるようになりました。また、新しいCarPlayシミュレータでは、CarPlay環境を完全に再現できるため、デスクを離れることなくMac上でCarPlay対応Appを開発できます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

デスクトップクラスのiPad向けApp

作業効率の向上により、これまで以上にパワフルで複雑なワークフローがiPad上で可能になりました。ユーザーは、作業効率向上のための新機能や改良された機能を活用することで、マルチタスクをより簡単に行えるようになるほか、仕事の効率を高め、自分のワークフローをカスタマイズすることができます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

Mac Catalyst

iPadOS 16のデスクトップクラスの最新機能は、macOS 13でも同様に利用できます。Mac向けAppのツールバーは自動的に最適化され、ドキュメントベースのAppには、主要な機能(メニューアイテム、ツールバー上で名前を変更する機能など)が追加されました。また、新しいMac Catalyst APIを使用して、マルチウインドウの動作を強化したり、ツールバーにカスタムビューを追加したりできるようになりました。

最新のビデオを見る

Focus filter API

集中モードフィルタにより、集中モードの設定をより有益な形で反映させることが可能になりました。ユーザーが選択した集中モード設定に基づき、そのユーザーにとって重要な情報のみがApp内に表示されます。また、集中モード設定の具体的な情報はAppに提供されないため、プライバシーも保護されます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

Game Center

AppleのソーシャルゲームネットワークであるGame Centerは、つながりがさらに広がるより楽しいゲームを提供します。プレイヤーは、ゲーム内での出来事を確認でき、アクティビティに参加している友達とつながることが可能になりました。

一新されたダッシュボード

達成項目やLeaderboardのランキングが、より目立つ形でゲームのダッシュボードに表示され、友達のゲーム内アクティビティに関するフィードもダッシュボードに表示されるようになりました。また、友達のGame Centerプロフィールでは、その友達のアクティビティやプロフィールを確認できます。

プッシュ通知

プレイヤーは、Leaderboardのアクティビティに関するプッシュ通知(他のプレイヤーが自分のスコアよりも高いスコアを獲得した場合など)を受け取ることができるため、ゲームでの最新アクティビティを把握して、ゲームへの関心を維持することができます。

最新のビデオを見る

App Clip

App Clipのサイズが15 MBまで拡大され、CloudKitのパブリックデータベースに保存されているデータを読み取ることが可能になりました。キーチェーンに保存されているセキュアなアイテムは、Appのインストール時に自動的に移動させることができます。また、新しいApp Clip Experiences Web APIを使用して、App Clip体験を追加および更新するためのワークフローを自動化することもできます。

さらに詳しく

最新のビデオを見る

アクセシビリティ

アクセシブルなシングルAppモード環境の作成、Unityゲームへのアクセシビリティ機能の追加、機能豊富でアクセシブルなWeb App開発テクニックを確認しましょう。

最新のビデオを見る

ShazamKit

ShazamKitを使用すると、Appに音声認識機能を実装できます。署名作成のためのツールやタイムドメタデータを割り当てて返すためのツールを活用できるようになったため、音声の同期体験の構築がこれまで以上に簡単になりました。

最新のビデオを見る

Live Text API

Appで、写真や一時停止したビデオフレームからテキストを直接取得できるようになりました。iOS、iPadOS、macOS上のあらゆる画面ビューで、テキストによるインタラクション、翻訳、データ検出、QRコードのスキャンが可能になります。

最新のビデオを見る

tvOSの機能強化

デバイス間の接続

tvOS向けAppをiOS、iPadOS、watchOS向けAppと統合することにより、Apple TVで新しい体験を作り出すことができます。たとえば、Apple WatchのモーションセンサーのデータをベースにパーソナライズされたワークアウトをApple TVに表示したり、Apple TVでのメディア再生中にリアルタイム情報をiPhoneに表示したり、ゲームのプレイ中に複数の画面を表示したりできます。

マルチユーザーへの対応

ユーザープロファイルをシステムに統合するための機能が向上したため、ユーザーはより簡単にApple TV向けAppを使用できるようになります。共有キーチェーンに保存されている認証情報により、Appを起動するたびにサインインしてプロフィールを選択する必要もありません。

最新のビデオを見る

tvOS向けのSwiftUI

SwiftUIを使用することにより、Appのインターフェイスをカスタマイズして機能をさらに充実させることができます。ボタンのスタイルやエフェクトをカスタマイズしてAppにアクセントを加えたり、タップやタッチなどの標準ジェスチャを活用したり、Focus APIを使用して一貫性のあるインタラクションを実現することができます。

ビジネスと教育

Sign in with Apple at Work & School(勤務先や学校でのAppleでサインイン)

ユーザーが勤務先や学校にいるときに、信頼できる、シームレスで安全な認証体験を提供します。SIgn in with Apple at Work & Schoolは、「Appleでサインイン」に対応する、iOS 16、 iPadOS 16、macOS 13向けのすべてのAppで機能します。

最新のビデオを見る

Roster API

Roster APIを使用すると、Apple School Managerのユーザー情報やクラス情報にアクセスできます。

さらに詳しく

SafariでのWebプッシュ

macOS 13Safari 16でWebサイトやWeb Appを使用しているユーザーに対して、たとえSafariが実行されていない状態でも、通知を送信できます。完全に相互運用可能なWebプッシュの標準ベースの実装は、Push API、Notification API、Service Workersを基盤としています。すでに業界のベストプラクティスに基づいてWebプッシュのコードを作成してある場合は、Safariで自動的に機能します。また、Apple Developer Programのメンバーシップも不要です。

最新のビデオを見る

ツールとドキュメント

Xcode

iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS向けの最新SDKを含むXcode 14は、以下からダウンロードできます。

更新されたドキュメント

以下のリンクから、新規および更新されたドキュメントのリストにアクセスできます。

リリースノート

以下のリンクから、最新版(各ベータ版を含む)のAPIの変更内容に関する詳細情報を確認できます。