利用を始める

自動署名のコントロール

Account Holder、Admin、App Managerは、Xcodeの自動署名のコントロールによってDeveloperの役割に制限を適用し、新しいアプリIDやテストデバイスの登録および既存のアプリIDの変更を防止できます。これらのオプションにより、大規模な組織においてXcodeの自動署名を使用する場合に、テストデバイスのスロットとアプリIDをより効果的に管理できます。

これらのコントロールを有効にするには、次の手順に従います。

  1. developer.apple.com/jpにアクセスし、右上にある「アカウント」をクリックします。
  2. プロンプトが表示されたら、Apple IDの認証情報を入力します。
  3. 右上に表示されているチーム名を見て、適切なメンバーシップが選択されていることを確認します。
  4. 「自動署名のコントロール」まで下にスクロールします。
  5. 有効にするコントロールを選択します。

デフォルトでは、メンバーシップのオプションはすべてオフになっています。

必要なメンバーシップの種類:Apple Developer Program、Apple Developer Enterprise Program