世界中のユーザーに向けて準備する

配信や支払いに対応しているApp Storeで、あなたのAppを世界に向けて発信することができます。このページでは、Appやマーケティング資料を世界に発信する準備を行う方法についてご紹介します。

ローカライズしたコンテンツをサポートするようにAppを構成する:ユーザーに表示されるテキストと画像を、実行可能コードとは別に作成します。テキストや画像を目的の言語に翻訳したら、コンテンツを再びAppに統合します。ローカライズしたリソースは、独立したファイルとしてAppのバンドルに格納します。

AppleのAPIを使用して、ユーザーに表示される値や動的に生成される値を地域/言語ごとに適切に表現します(例:日付、長さ、重さ、価格、通貨記号)。ユーザーインターフェイスの言語とは関係なく、ユーザー生成テキストがどの言語でも、一度に複数の言語であっても、Appが受け入れることを確認します。

ユーザーに表示されるコンテンツを翻訳する:地域/言語ごとに、言語固有バージョンのnibファイル、テキスト、アイコン、グラフィック(特に、文化固有の画像が含まれているもの)、音声、動画を作成または修正します。一般的に、このプロセスではソースコードの修正は必要ありません。そのため翻訳作業を社内で行うか、外部のローカリゼーションサービスを利用するかにかかわらず、容易に行うことができます。

文化に合わせてローカライズする:ローカライズの際に地域の習慣や流行を取り入れることで、Appの評判をより高めることができます。文化特有のコンテンツや地域特有の祝祭日も取り入れてください。また、ユーザーがApp体験を各地域で簡単に共有できるよう、共有オプション(メッセージ、ソーシャルネットワーキング、メールサービスなど)も提供します。

App Storeのメタデータをローカライズする:Appの名前をローカライズします。また、Appを売り込みたい国の言語に合わせてApp Storeのメタデータ(Appの説明、キーワード、スクリーンショットなど)もローカライズします。Appの説明は単に直訳するのではなく、対象マーケットのユーザーが、そのカテゴリのAppに対して何を求めているのかを調査した上で翻訳します。メタデータ、キーワード、スクリーンショットのローカライズの詳細については、「App Store Connectヘルプ」を参照してください。

各地域のユーザーの関心を引くようなマーケティングを行う:マーケティング資料のローカライズを十分に行うことで、ユーザーにAppのことを知ってもらい、関心を持ってもらえる可能性が高まります。また、Appを口コミで広げてもらえるように地域のSNSを調査します。マーケットによって、利用されているSNSは大きく異なることがあります。

Appのダウンロードを促すために、Appのマーケティングコミュニケーションには「App Storeからダウンロード」バッジを使用してください。このバッジは40の言語で提供されています。適切な言語のバッジを使用することも、Appをより多くの人に知ってもらうために行える簡単なことの1つです。詳細については、「App Storeマーケティングガイドライン」を参照してください。

日本向けにEvernoteをローカライズする(日本語字幕)

Evernoteでは、日本向けにAppをローカライズする際、日本人の好みや文化を知るために日本のユーザーに対して調査を行いました。

プログラミングのためのリソース

Appleのテクノロジーを使えば、言語にかかわらずiOSとmacOSでシームレスに実行される、ローカライズされたAppを簡単に作成することができます。Auto Layoutを活用して表示の寸法やレイアウトを自動調整する、広範囲にわたるUnicodeサポートを活用してあらゆる言語のテキストを扱う、CocoaとCocoa Touchの強力なテキスト処理テクノロジーを活用して表示、レイアウト、テキスト編集を多数の言語で行うなど、さまざまな機能を活用できます。

ビデオ

ドキュメントとダウンロード

Apple Developer Forums

ローカリゼーションについて、質問を投稿してAppleのエンジニアや他のデベロッパとディスカッションすることができます。