iOS Developer Library

デベロッパ

Xcodeの概要

画像を追加する

Xcodeには、アプリケーションのUI要素を生成、管理するためのツールが、Interface Builder以外にもいくつか付属しています。

アイコン、カスタムアートワーク、各種iOSデバイス用の起動画像など、多くの画像を作成することになるでしょう。App Storeへの登録を要するものもいくつかあります。その管理にはアセットカタログが役立ちます。

画像: ../art/AssetCatMac.pdf

「パーティクルエミッタ」用のエディタを使って、雪、火花、煙などが飛び散るようなアニメーション効果を、アプリケーションに組み込むことができます。特にiOS/Mac用のゲームには有効でしょう。

画像: ../art/LeafParticles.pdf

アプリケーションのアイコンや起動画像を追加する

アプリケーションアイコンを、各版のオペレーティングシステムおよび稼働するデバイス用に作成します。iOS、watchOS、およびOS Xアプリケーションで必要なアイコンの種類が異なります。いずれの場合も、必要なアイコンを作成し、Xcodeのアセットカタログに追加してください。

iOSの場合、ホーム画面およびApp Storeに表示するアイコンが必要です。Xcodeにはアイコン作成ツールが付属していません。適当な画像作成アプリケーションを利用してください。アイコンは用途に応じて何種類か必要です。iOSアプリケーションには、小アイコン(検索結果の表示用)と高解像度のアイコン(Retinaディスプレイ表示用)を組み込むことができます。ターゲットが「Universal」であれば、iPadやiPhone用にも必要です。

watchOSアプリケーションでは、ホーム画面のアイコンと、通知やロングルックなどのその他のサポート対象インターフェイスのアイコンを作成します。

OS Xアプリケーションの場合、16 × 16、32 × 32、128 × 128、256 × 256、512 × 512のそれぞれについて、標準解像度と高解像度の2種類を用意します。Finderはこのアイコンを画面に表示します。

アセットカタログで画像アセットを操作する

プロジェクトを新規に作成すると、Assets.xcassetsという名前でアセットカタログが生成されます。プロジェクトナビゲータで選択すれば、その内容がエディタ領域に表示されます。

アセットカタログには画像セットの一覧があります。画像セット(たとえば画面例に現れているAppIcon)とは、各種デバイスや寸法の表示に必要な画像をひとまとめにしたもののことです。アイコン画像を「アイコンセット」グリッド内の適当なセルにドラッグすることにより、アプリケーションに追加できます。

画像: ../art/iOSAppIcon.pdf

画像セットを追加し、ボタンその他のコントロール部品に用いることも可能です。画像セット一覧の下にある「Add」ボタン(「+」の表示)を押すと、中身が空の画像セットを生成し、あるいは新規画像セットに画像をインポートすることができます。フォルダを追加することで、カタログ内の項目を整理できます。アセットカタログは、その他にもSprite Atlas、Watchコンプリケーション、データファイルなどの種類をサポートしています。

iOSの起動画面ファイルを作成、設定する

iOSデバイスの起動画面は、アプリケーション起動処理中に表示されます。ユーザがアプリケーションアイコンをタップするとすぐに現れ、主たるインターフェイスが現れるまでその状態が続きます。iOS 8以降で動作するアプリケーションの場合、システムはストーリーボードファイルから起動画面を取得し、画面に合わせて大きさを調整します。iOS 8より前の動作環境では、画面の大きさそれぞれに応じて起動画像を用意し、アセットカタログに追加する必要がありました。

新規にプロジェクトを作成すると、LaunchScreen.storyboardという起動画像ストーリーボードファイルができています。あるいは、「File」>「New」コマンドを実行し、「User Interface」カテゴリを選択し、ファイル型として「Launch Screen」を選択する、という手順で起動画像を作成することも可能です。起動画像はサイズクラスを活用して、さまざまな画面の大きさや向きに対応します。詳しくは「複数の画面サイズを作成する」を参照してください。

起動画像はアプリケーションが動作し出す前に現れるので、UIView型またはUIViewController型のルートビューをひとつしか使えません。さらにUIKitのクラスも、更新を必要としないものに限られます。詳しくは「Creating a Launch Screen File」を参照してください。

起動画像の設定は、ターゲットの「General」情報タブを開き、ポップアップメニューから選択することによりおこないます。

アイコン、起動画像、アセットカタログについて詳しくは、『Asset Catalog Help』を参照してください。

iOS起動画像を作成、設定する(iOS 7まで)

この目的で使うスクリーンショットの取得も容易です。デバイス上に、適当な配置で画面を表示してください。この状態で、デバイスの「Lock」ボタンと「Home」ボタンを同時に押すと、「Photos」アプリケーションの「Saved Photos」アルバムに保存されます。これをデバイスからMac側にコピーしてください。たとえば「iPhoto」アプリケーションを使って、デバイス側で取得したスクリーンショットをインポートし、PNGファイルとしてMac側にエクスポートすることができます。

スクリーンショットを起動画像として設定するには、プロジェクトナビゲータでアセットカタログファイルを選択し、その中からLaunchImageセットを選択してください。この状態で、スクリーンショットをグリッドの適当なセルにドラッグします。

アイコン、起動画像、アセットカタログについて詳しくは、『Asset Catalog Help』を参照してください。