アプリケーション配布作業の流れについて

このガイドでは、App StoreやApple TV App Store、Mac App Storeを通してアプリケーションを配布するために知っておくべき、さまざまな事項を説明します。

../Art/1_administration_tasks_2x.png../Art/1_administration_tasks_2x.png

こういった作業は、Xcodeの各種機能やウェブツールを使って行います。これはApple Developer Programの会員しか利用できません。iCloudやGame Centerなど、特定のアプリケーションサービスを利用するには、Apple Developer Programに加入する必要があります。ストアを通さずにアプリケーションを配布する場合であっても、顧客が配布元を確認できるようにするための手続きとして、Apple Developer Programに加入してください。

Mac/iOS/tvOS/watchOSのいずれを対象とするアプリケーションも、開発にはXcodeを使います。Macアプリケーションは、OS Xが動作する開発用コンピュータ上で起動します。一方、iOS/tvOS/watchOSアプリケーションは、該当するデバイス、またはMac上で動作するシミュレータで実行しなければなりません。iOSアプリケーションが動作するデバイスは、iPad、iPhone、iPod touchです。tvOSアプリケーションはApple TV上で動作します。watchOSアプリケーションの場合は、Apple WatchとペアリングしたiPhoneを使います。Xcodeには3種類のデバイスすべてに対応したシミュレータが付属していますが、充分にテストするためには、実デバイスをMacに接続する必要があります。

概要

このガイドは、アプリケーションを開発し、テストし、アップロードし、登録、公開する手順を説明するものです。各種ツールや配布手順を把握しておけば、開発した最新のアプリケーションやその更新版を、迅速に顧客に配布できるでしょう。

Apple Developer Programに加入してアプリケーションを配布する

Apple Developer Programへの加入は、App Reviewにアプリケーションを登録したり、社内向けiOSアプリケーションを配布したり、Mac App Storeを通さずに配布するアプリケーションにDeveloper IDで署名したりするための第一歩です。会員は、アプリケーションサービスを設定するのに必要な資料を入手し、新規アプリケーションやその更新版を登録することができます。

サービスをアプリケーションに追加する

Appleは、ある種の技術を利用するアプリケーションに対してはGame CenterやNewsstand、金銭のやり取りを伴うアプリケーションに対してはIn-App PurchaseやiAd Networkなど、高度な統合サービスを提供しています。このようなアプリケーションサービスを利用するためには、開発時とストアに登録する際に、若干の設定が必要です。その代表的な例として、Game CenterやiCloudの設定があります。このガイドでは、このようなキーとなる技術やサービスを、アプリケーションに組み込めるよう設定する方法を説明します。

アプリケーションを配布できるよう準備する

アプリケーションをテスト用に配布するか、承認を得るためにストアに登録するには、Xcodeプロジェクトに必要な設定を済ませておかなければなりません。開発が進んだXcodeプロジェクトには、アプリケーションアイコンや起動画像が保持されているとともに、動作するデバイスやオペレーティングシステムが指定されているはずです。

アプリケーションを各種のデバイスやリリース上でテストする

iOS/tvOS/watchOSアプリケーションは、シミュレータ上だけでなく、動作すると称するすべてのデバイスおよびそのリリース上でテストしなければなりません。さまざまな種類のデバイス上でテストし、想定どおりに動作することを確認します。アプリケーションのテストが終了したら、そのアプリケーションのベータ版をテスト担当者に配布します。ベータ版のアプリケーションを自分で配布するか、iTunes Connectを利用してベータテストを管理することができます。TestFlightやストアを通して配布するアプリケーションに関して、Appleは、クラッシュログを収集、集約するサービスを提供しています。開発者はこのログを、Xcodeでダウンロードし、分析できます。Macアプリケーションのクラッシュレポートも、Mac App Storeを通して入手可能です。

ストアでのアプリケーションの登録と公開

アプリケーションをストアに登録する手続きは、いくつかの手順を踏んで行います。まず、iTunes Connectにサインインし、アプリケーションレコードの作成と必要な情報の入力を行います。ストアを通して販売する場合は、iTunes Connect上で、代金の精算に必要な事項も入力してください。Xcodeで、アーカイブを作成し、配布用証明書を使って署名します。次に、XcodeまたはApplication Loaderを使ってアプリケーションをアップロードします。iTunes Connectを使って、アプリケーションをストアに登録します。承認が得られたら、iTunes Connectを使って公開開始日を設定してください。

ストアを通さずにアプリケーションを配布する

Apple Developer Enterprise Programに加入すると、社内向けのアプリケーションを自組織のユーザに直接配布することもできます。Mac App Storeを通さずにMacアプリケーションを配布するには、そのアプリケーションを作成し、Developer ID証明書で署名します。なお、ストアを通さずに配布する場合の手順は若干異なります。iTunes Connectと一部のアプリケーションサービスを利用する権限がなければ、この手順を省略しても構いません。

証明書、ID、プロファイルを管理する

Appleは、ユーザデータやアプリケーションが、知らない間に改竄、配布されてしまうことのないよう、基盤セキュリティモデルを構築しています。開発に当たっては、所定のアセットを作成して必要な情報を入力し、開発者自身や開発に用いるデバイス、あるいは開発されたアプリケーションを、Appleが識別できるようにしなければなりません。Xcodeは必要に応じて自動的に、証明書やID、プロファイルを生成するようになっています。また、生成したApp IDやプロビジョニングプロファイルの管理も行いますが、他のアセットは対象外です。Apple Developer Programの会員である期間中、上記以外の証明書やID、プロファイルは、自分で管理しなければなりません。

この文書の使い方

この資料の読み進め方は、Apple Developer Programにおける自分の役割(チームエージェント、チーム管理者、メンバー)に応じて判断してください。Mac用のアプリケーションを開発する場合、他のプラットフォームの場合とは役割が異なるかも知れません。Macアプリケーションの場合は、Mac App Storeに登録して配布するか、Mac App Storeを通さずに配布するかによっても異なります。

まず、アカウントの種類(個人/組織)を選択します。必要ならばApple IDを生成し、Apple Developer Programに加入してください(「アカウントの管理」を参照)。個人として加入した人は、1人だけから成るチームの「チームエージェント」になります。一方、組織として加入すれば、「チームエージェント」としてほかの人をチームに加えることができます(「チームメンバーを加える」を参照)。さらに、それぞれの人をチーム管理者(チームエージェントの作業の大部分を代行可能)にするか、チームメンバー(開発者アカウントでアセットを生成する作業は不可)にするかを指定できます。チームにおける各人の役割について詳しくは、「Apple Developer Programにおけるチームの役割と権限について」を参照してください。

加入したApple Developer Programおよびチームにおける役割に応じ、この節の該当する表で、資料の読み進め方を確認してください(この資料中に現れる用語の意味については「用語解説」を参照)。

チームエージェントまたはチーム管理者であり、アプリケーションをストアに登録する場合:

知りたい事項

読むべき箇所

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

自分のApple IDをXcodeに追加する

Xcodeで自分のApple IDアカウントを追加する

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

バンドルIDを設定し、プロジェクトをチームに対応づける

IDおよびチームの設定をする

アプリケーションを配布するためのXcodeプロジェクトの設定

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

アプリケーションサービスを設定する

技術やサービスを組み込む

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

デバイス上でアプリケーションを起動する

デバイス上でアプリケーションを起動する手順

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

配布に先立ち、最後の設定作業を行う

アプリケーションを配布するためのXcodeプロジェクトの設定

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

各種のデバイス上でiOS/tvOS/watchOSアプリケーションをテストする

テスト用にアプリケーションをエクスポート(iOS、tvOS、watchOS)

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

テストで見つかった問題点を解消する

クラッシュレポートの分析

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

アプリケーションをiTunes Connectにアップロードして認定を求める

ストアへのアプリケーションの登録

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

アプリケーションをストアに公開し、管理する

iTunes Connectでのアプリケーション管理

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

Apple Developer Programのアセットを管理する

署名IDや証明書の管理

ID、デバイス、プロファイルの管理

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

コード署名アセットに関する問題に対処する

トラブルシューティング

組織に属するチームエージェントまたはチーム管理者である場合:

知りたい事項

読むべき箇所

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

組織としてのアカウントにチームメンバーを加え、役割を与える

開発者アカウントチームの管理

組織のチームメンバーであり、ストアを通して配布するアプリケーションを開発する場合:

知りたい事項

読むべき箇所

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

自分のApple IDをXcodeに追加する

Xcodeで自分のApple IDアカウントを追加する

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

バンドルIDを設定し、プロジェクトをチームに対応づける

IDおよびチームの設定をする

アプリケーションを配布するためのXcodeプロジェクトの設定

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

デバイス上でアプリケーションを起動する

デバイス上でアプリケーションを起動する手順

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

コード署名アセットに関する問題に対処する

トラブルシューティング

Apple Developer Enterprise Programでのチームエージェントまたはチーム管理者の場合:

知りたい事項

読むべき箇所

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

証明書を管理し、アプリケーションを配布する

Apple Developer Enterprise Programアプリケーションの配布

チームエージェントであって、Mac App Storeを通さずにMacアプリケーションを配布する場合:

知りたい事項

読むべき箇所

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

配布に先立ち、最後の設定作業を行う

アプリケーションを配布するためのXcodeプロジェクトの設定

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

Developer IDで署名したアプリケーションを作成する

Mac App Storeを通さずにアプリケーションを配布する手順

../Art/checkbox_unchecked_2x.png

追加のDeveloper ID証明書を作成する

追加のDeveloper ID証明書を作成する

Macアプリケーションで、配布方法として「None」を選択した場合(「署名IDを選択する(Mac)」を参照)、このガイドを読む必要はありません。

関連項目

このガイドは、コードの記述に用いるソフトウェアやツールに読み手が習熟していると想定しています。そうでない場合は、プラットフォームに応じたチュートリアルをまず読んでください。その後、各種技術の概要を説明した資料、プラットフォームに応じたヒューマンインターフェイスガイドライン、そしてアプリケーションをストアに登録するためのガイドライン(これが最も重要)に目を通しておくとよいでしょう。

アプリケーション審査プロセスについて詳しくは、「App Review」で確認してください。