新しい売上とトレンドの詳細が登録で利用可能になりました。

登録ページおよび登録レポートに、自動更新登録の請求ステータスについての新しいデータ、およびお試し価格についての詳細が含まれるようになりました。これらの変更の中には、新しいレポートフィールドおよびアップデートされたレポートフィールドのためにシステムアップデートが必要になるものがあります。たとえば、無料トライアルはお試し価格の中に含まれるようになりました。

新しいデータフィールドには次の内容が含まれます:

  • 売上概要レポートの Order Type(注文タイプ)
  • 登録レポートの、Active Pay Up Front Subscriptions(アクティブな前払いの登録)、Active Pay as You Go Subscriptions(アクティブな都度払いの登録)、Billing Retry Status(請求再試行のステータス)
  • 登録イベントレポートの、Introductory Price Type(お試し価格のタイプ)および Introductory Price Duration(お試し価格の期間)
  • 登録イベントの、アップグレード、ダウングレード、お試し価格のコンバージョンに関する新しいイベント、および登録の請求再試行がいつ開始し終了するかを示すイベント

詳細については、『売上とトレンドレポート』を参照してください。

アップデートされたフィールドによる中断が生じないようにするため、コマンドラインツールの Reporter を使用してダウンロードした登録レポートには、お試し価格や請求ステータスのデータは自動的には含まれません。この新しいデータを含む登録レポートをダウンロードするには、Reporter のコマンドでバージョン 1_1 を指定します。2018年2月以降、Reporter を使用して登録レポートをダウンロードするにはバージョン 1_1 を指定する必要があります。詳細については、『Reporter User Guide』を参照してください。