App Store Connect

App Store Connectは、App Storeで販売するiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、iMessage Appを管理するためのWebベースのツールです。Apple Developer Programのメンバーは、Appの提出や管理、TestFlightでのテストへのユーザーの招待、税金/口座情報の追加、売上レポートへのアクセスなどに、App Store Connectを使用します。

はじめに

Apple Developer Programへの登録が完了すると、登録に使用したApple IDApp Store Connectにサインインできるようになります。App以外のメディア(音楽、テレビ番組、映画、書籍)を配信するためのApp Store Connectアカウントをすでに所有している場合や、Volume Purchase Programに登録している場合は、同じApple IDをAppの管理に使用することはできません。Apple Developer Programへの登録には別のApple IDを使用する必要があります。開発チームの一員として招待を受けた場合、デフォルトの状態ではApp Store Connectにアクセスできないため、Account Holder(アカウントホルダー)App Store Connectユーザーアカウントの設定を依頼する必要があります。

ユーザーと役割の管理

Apple Developer Programに登録したユーザーはメインのアカウント所有者であり、契約の拘束権やApp Store Connectへの完全なアクセス権などを有し、Legal(法務)の役割を担います。

Legalの役割を担うユーザーは、App Store Connectでアカウントを設定することにより、他のチームメンバーにアクセス権を付与することができます。Apple DeveloperのWebサイトで開発チームにメンバーを追加しても、そのメンバー用のアカウントがApp Store Connectで自動的に作成されるわけではありません。

ユーザーを追加するには、「ユーザーとアクセス」で追加するユーザーの名前とEメールアドレスを入力します。App Store Connectや特定のAppに対する、各ユーザーのアクセスレベルには制限を設けることが可能です。App Store Connectへの完全なアクセス権が必要なユーザーには、Admin(管理者)の役割を割り当ててください。

契約/税金/口座情報の管理

App StoreでAppを販売するには、Account Holder(アカウントホルダー)が「契約/税金/口座情報」で有料App契約に署名する必要があります。その後、組織の税金/口座情報と、法務、財務、マーケティングに関する問題が発生した場合に対応できる、組織内の社員の連絡先情報を入力します。米国の納税フォームはすべてのデベロッパに必須です。オーストラリア、カナダ、日本またはブラジルの納税フォーム場合によっては必要です。

Appの情報とメタデータの追加

App StoreでAppを配信するには、まずAppの情報(価格設定に関する情報、説明、キーワード、スクリーンショットなど)をApp Store Connectに追加します。この作業はAppの開発が終了する前に行うこともできます。

Appプレビューとスクリーンショットのアップロード

App Storeのプロダクトページに表示するAppプレビューやスクリーンショットをアップロードして、Appの特長、機能、ユーザーインターフェイスを画像や短いビデオで紹介することができます。スクリーンショットは5枚まで、Appプレビュー(任意)は3つまでアップロードできます。

Appのアップロード

Appの情報をApp Store Connectに入力したら、Xcodeまたはaltoolでビルドをアップロードすることができます。アップロードしたビルドはすべてApp Store Connectの「マイ App」の「アクティビティ」セクションに表示され、TestFlightまたはApp Storeでの配信を選択することができます。

App内課金に関する情報の追加

Appの中では、サブスクリプション、サービス、追加機能といった、さまざまなコンテンツをApp内課金として販売することができます。以前はAppの中にのみApp内課金を表示できましたが、現在はApp Storeで直接App内課金を宣伝することが可能です。ユーザーはApp Storeで直接App内課金をブラウズすることができ、App本体をダウンロードする前にApp内課金のコンテンツを購入を始めることもできます。

ベータ版テスト

App StoreでAppをリリースする前に、Appのベータ版やアップデートをTestFlightで配信して、テスターから有益なフィードバックを受けるようにしてください。ベータ版テストを行うには、App Store Connectでテストに関する情報を入力し、テスターの名前とEメールアドレスを追加するかパブリック招待リンクを共有してテスターを招待します。

Appの提出

準備ができたら、App Reviewに提出するビルドを選びます。その後も定期的にアップデートを行って、Appを改善するようにしてください。

Appの管理

AppをApp Storeで公開した後、カスタマーレビューへの返答やプロモーションコードの配信、複数のAppを1つの購入にまとめたり、Appを別の組織に譲渡したりするなど、さまざまな管理を行うことができます。

Appの使用状況と売上のモニタリング

Appアナリティクスのデータ、「売上とトレンド」のレポート、「支払と財務報告」の月次財務報告で、Appのパフォーマンスを分析することができます。