ベータ版のテスト

TestFlight の概要

iOS visionOS macOS tvOS watchOS

TestFlight では、アプリのベータ版ビルドの配信、ベータ版テスターの管理、およびフィードバックの収集を行うことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

アプリを改良し、ビルドの配信を繰り返して、すべての不具合を解消するようにしてください。その後、審査にアプリを提出します。

TestFlight for Mac を使用するには、macOS アプリが Xcode 13 以降でビルドされている必要があります。アプリに App Clip が含まれている場合は、テスターを招待し、App Clip 体験のテストをしてもらうことができます。アプリをテストするために招待されたテスターは、アプリと App Clip の両方をテストすることが可能です。1 つのデバイスに同時インストールできるのは、アプリか App Clip のいずれか一方ですが、テスターは随時この 2 つを切り替えることできます。

App Store Connect API を使用したベータ版テストの管理方法について詳しく

ステップ 1:テスト情報の入力

アプリのベータ版ビルドの詳細や、テストする機能の説明、フィードバックの送信先メールアドレスなど、アプリのテストに関する情報を入力します。

ステップ 2:ビルドのアップロード

App Store Connect にビルドをアップロードします。暗号化と米国のアプリの暗号化に関する記述を読み、アプリの暗号化に関するドキュメントを提供する必要があるかどうかを判断してください。ビルドは、最大 90 日間テストできます。

注:プロビジョニングプロファイルがあるビルドの場合、TestFlight を使用するには、アプリの識別子が含まれている必要があります。

ステップ 3:内部および外部テスターの招待

テスター用にグループを作成し、テストするビルドをそのグループに割り当てます。ビルドをグループに割り当てると、アプリをテストする外部テスター (最大 10,000 人) と、内部テスター (App Store Connect のアカウントを持っておりテスト対象のデベロッパのコンテンツにアクセス可能なユーザ。最大 100 人) を追加できるようになります。外部テスターを招待する場合、ベータ版ビルドに対して審査が必要となる場合があります。アプリの最初のビルドは、グループに追加されると App Review に送信されます。これは、「App Store Review ガイドライン」への準拠を確認することを目的としたものです。審査が必須となるのは、そのバージョンの最初のビルドのみです。後続のビルドについては、場合によって一からの審査は不要となります。ビルドが承認されるとテストを開始できます。

注:管理対象 Apple ID はビルドのテストに使用できません。

ステップ 4:テスターが TestFlight をダウンロードして招待を承諾

テスターとなったユーザに、TestFlight アプリ (無料) のデバイスへのインストールを依頼します。テスターはインストール後、招待メールかパブリックリンク経由で招待を承諾すると、テスト対象のアプリのインストール、フィードバックの送信、アップデートの入手が可能となります。なお、テスターにダウンロードおよびインストール用として提供されるのは、アプリを軽量化したバリアントとなります。

ステップ 5:テスターとビルド情報の表示

App Store Connect でビルドのステータスや、セッション数やクラッシュ数などのメトリックスを表示して、テスターエンゲージメントとアプリのパフォーマンスを追跡します。まだ招待を承諾していないテスターに招待メールを再送信することもできます。

ステップ 6:テスターからフィードバックを収集

TestFlight 2.3 以降を実行しているテスターは、撮影したスクリーンショットをフィードバックとして TestFlight アプリまたは直接ベータ版アプリから送信できます。なお、この機能は Mac および Apple Vision Pro 向け TestFlight でも利用できます。テスターから送信されたフィードバックは、App Store Connect の「TestFlight」タブにある「フィードバック」セクションで確認できます。tvOS や古いバージョンの iOS が搭載された環境にあるテスターのフィードバック送信先は、ステップ 1 で指定したメールアドレスとなります。

ステップ 7:テストの終了

テストが完了した際には、ビルドを期限切れにしてテストを終了することもできます。ビルドを期限切れにせずに App Store にアプリを提出した場合、テストの招待を受け取ったテスターは、App Store で公開になった後でもビルドをテストすることができますが、このビルドは 90 日後に TestFlight では利用できなくなります。