App の譲渡

App の譲渡の概要

App を別のデベロッパに売却する場合、または別の App Store Connect アカウントや組織に移行する場合、その App を譲渡します。

これにより、App Store から App を削除せずに、別のデベロッパに App の所有権を移すことができます。App は譲渡中や譲渡後もこれまでのカスタマーレビューと評価を保持し続け、ユーザは今後あるアップデートへもアクセスすることができます。また、App のビルドがアップロードされた後にバンドル ID を変更することはできないため、App が譲渡された後もそのバンドル ID は保持されます。

ステップ 1:App が譲渡可能であることを確認する

アプリを譲渡するためには、特定の条件を満たしている必要があります。たとえば、少なくとも 1 つのアプリバージョンが App Store でリリースされていなくてはなりません。その他の条件については、「アプリの譲渡の条件」を参照してください。

ステップ 2:すべての App 情報のバックアップを取る

App は譲渡後にあなたのアカウントから削除されるため、譲渡を行う前にその App に関するすべての情報のバックアップを取っておく必要があります。

ステップ 3:App の譲渡を開始する

組織内の Account Holder ユーザがアプリの譲渡を開始します。「アプリの譲渡の開始」を参照してください。

ステップ 4:App の譲渡を承諾する

譲渡を受ける組織の Account Holder がアプリの譲渡を承諾します。「アプリの譲渡の承諾」を参照してください。

自動更新サブスクリプションを使用する App

自動更新サブスクリプションを提供する App は、App 用共有シークレットを使用する必要があります。

  • App の譲渡の開始

    自動更新サブスクリプションを提供するアプリの譲渡を開始する前に、アプリ用共有シークレットを生成します。次に、アプリの譲渡先デベロッパアカウントのユーザとコードを共有します。コードを共有したら、アプリの譲渡を開始します。

  • App の譲渡の承諾

    自動更新サブスクリプションを提供するアプリの譲渡を承諾する前に、サーバを更新し、コードを使用して自動更新サブスクリプションを検証できるようにするために、アプリ用共有シークレットを責任者から取得します。アプリの譲渡が完了したら、組織外のユーザがアクセスできないように、アプリ用共有シークレットを生成します。

キーチェーン共有を使用する App

キーチェーンの共有は、App のアップデートまではそのまま動作しますが、アップデートされると無効になります。そのため、アップデートを提出する際は、キーチェーンを再構築する必要があります。Xcode プロジェクトでキーチェーングループが定義されている場合、キーチェーン共有の使用を継続するには、受取人が作成した(受取人の Team ID を含む)キーチェーングループと置き換える必要があります。ユーザが App をアップデートすると、キーチェーンに認証トークンが見つからなくなり、再ログインを求められます。

プッシュ通知を使用する App

プッシュ通知に関するクライアント SSL 証明書、TLS 証明書認証トークンは譲渡されません。アプリが Apple プッシュ通知サービス (APNs) を使用している場合、受取人は受取人のデベロッパアカウントを使用してクライアント SSL 証明書を作成し、サービスを再度有効にする必要があります。

Apple Pay を使用する App

Apple Pay を使用する App を譲渡する場合、マーチャント ID (Merchant ID)は譲渡されません。元の証明書が有効である限り、トランザクションは正常に行われます。ただし、アップデートを送信する際には、新しいマーチャント ID を受取人のアカウントで作成する必要があります。

「Apple でサインイン」を使用する App

受取人にアプリを譲渡する前に行うデータ準備の一環として、データベース内に存在する各ユーザに対して譲渡 ID を生成する必要があります。この作業は、Apple が提供する REST サービスエンドポイントから行うことができます。

「Apple でサインイン」向けに App をグループ化している場合は、譲渡開始前にグループを解除する必要があります。

なお、「Apple でサインイン」を設定しているアプリに関連付けられているサービス ID も併せて譲渡されます。サービス ID の譲渡を希望しない場合、譲渡開始前に関連付けを解除してください。

Mac Catalyst で開発された App

Mac Catalys で作成されたアプリの譲渡において、アプリがユニバーサル購入を提供していない場合、iPad アプリ (プライマリのアプリ ID) と Mac アプリ (Mac Catalyst のアプリ ID) の両方を譲渡する必要があります。

最初に iPad App を譲渡し、次に関連する Mac App を譲渡してください。受取人は、Mac Catalyst を使用して iPad App を基に新規 Mac App を作成することができないため、Mac App も併せて譲渡してください。

Wallet を使用している App

App が、App またはウェブサービスからの継続的な更新を必要とする Wallet パスを配信する場合、譲渡が完了した後、新しい識別子を使用してパスを再発行する必要があります。これにより、Apple Developer アカウントから発行された証明書で署名できるようになります。ユーザの混乱を最小限に抑え、機能中断を避けるために、App 内のメッセージを利用して、以前に発行されたパスが無効になることを通知し、App やウェブサービスから新しいパスをダウンロードすることを促すことをお勧めします。

パスの配布、更新、使用についてはこちらを参照してください。

また、アラート設定のベストプラクティスについてはこちらを参照してください。

iCloud を使用する App

App で以下のいずれかが使用されている場合、App の譲渡が受取人に承諾された際、以下も合わせて譲渡されます。

  • ユーザデータの保存に使用されている iCloud

  • iCloud コンテナ

  • App に関連付けられている KVS の識別子

アカウント内にある複数の App が 1 つの CloudKit コンテナに関連付けられており、そのうち 1 つの App が譲渡された場合、CloudKit コンテナも譲渡されるため、譲渡されていない App のデータの読み込みや保存についても、その CloudKit コンテナでできなくなります。また譲渡人は、譲渡された App のユーザデータに iCloud ダッシュボード経由でアクセスできなくなります。譲渡された CloudKit コンテナにおける App データの読み取りや保存は、App でのアップデート実行後にできなくなります。

App が iCloud の Key-Value Storage (KVS) を使用している場合、譲渡された App に対して作成する新しいプロビジョニングプロファイルに完全な KVS の値が埋め込まれます。完全な KVS の値を含むプロビジョニングプロファイルを使用して、entitlements plist を更新してください。

CloudKit を使用した App 開発については、こちらを参照してください。

Game Center と Apple Arcade を使用するアプリ

マルチプレーヤー互換性:アプリが、アプリ間のマルチプレーヤー互換性マトリックスの一部である場合、ほかのアプリとの互換性がなくなり、マトリックスにも表示されなくなります。譲渡されたアプリが既存の別アプリで動作するようにするには、受取人が当該アプリにマルチプレーヤー互換性を追加する必要があります。

Game Center グループ:アプリが Game Center グループの一部である場合、譲渡中にそのグループから削除されます。Leaderboard および達成項目のステータスは、譲渡が完了次第すべて元に戻ります。元々グループ Leaderboard を構成していた Leaderboard については、識別子に grp. というプレフィックスが付いたままとなります。譲渡が完了次第、受取人は当該アプリを Game Center グループに追加できるようになります。

マージした Leaderboard:元々シングル Leaderboard だったがその後グループに統合されたものについては、譲渡後に grp. のプレフィックスが削除されます。またこれらの Leaderboard の ID も、統合前のものに戻ります。スコアの投稿が正常に行われるよう、アプリの譲渡後に受取人は必ず、新しい Leaderboard ID を使用してアプリのビルドをアップデートしてください。

マッチメイキング:マッチメイキングに関する設定は、アプリの譲渡とともに引き継がれません。Game Center でのマッチメイキング機能が正常に動作するためには、譲渡完了後に受取人がマッチメイキングに関するルールを作成または変更する必要があります。

App バンドル

App バンドルの一部である App を譲渡すると、App のバンドルの履歴を見ることができなくなります。App を譲渡する前に、App のバンドル情報を記録しておくことを忘れずに行ってください。

App の譲渡中および譲渡後の注意点

App が譲渡されると、App に関連付けられた App ID も受取人のデベロッパアカウントに転送されます。譲渡人の App ID が Wildcard App ID だった場合、App のバンドル ID と正確に一致する Explicit App ID に変換されます。

譲渡人は、実際のコードセットとビルドのアセットを受取人へ直接引き渡す責任を負います。その際に、キーチェーンの共有、Game Center、プッシュ通知などの機能や App Store の設定が App に追加されている場合は、これらの設定が今後のアップデートでも維持されるように必ず受取人に知らせてください。

App の所有ステータスに関わらず、App が譲渡された後は、新規または追加のプロモーションコードを利用できないことにご注意ください。App バージョンごとに 100 個のプロモーションコードを生成することができ、生成された日から 4 週間有効です。

売上とトレンド、支払と財務報告に関するデータ

App を譲渡する場合、譲渡人は譲渡するまでに発生した売上や支払い情報には引き続きアクセスできますが、譲渡完了後の売上情報にはアクセスできなくなります。一方、譲渡した App の受取人は、譲渡後に発生したトランザクションに関する支払いや売上情報のみを受け取ることになります。

App アナリティクスのデータ

アプリを他のアカウントに譲渡する場合、アプリアナリティクス内にある当該アプリのデータにはアクセスできなくなりますが、「売上とトレンド」で過去のデータを確認することが可能です。譲渡されたアプリを受け取る場合、当該アプリが最初に App Store で配信された日、またはそれが 2015 年 4 月 1 日以前である場合は、2015 年 4 月 1 日以降の解析データがすべて表示されます。