App のステータスと配信可否の表示および変更

App が Store で利用できる場合、ステータスは「販売準備完了」です。これは、緑のステータスインジケータで示されます。 ../Art/status_green_2x.png その他のステータスは、App が Store で公開されていないことを示します。マーケティングキャンペーンに合わせて App のリリースが待機中である場合など、意図的に App を販売から除外していることがあります。この章では、App を利用可能にする時期、Store のテリトリ、および価格を制御する方法について説明します。

意図的に App を販売から除外していない場合は、App のステータスを確認して、App が Store に表示されない理由を理解する必要があります。この章では、App のさまざまなステータスについて、および App が Store で利用できない問題を解決する方法について説明します。

Store で App を表示するために使用するテキストや画像を変更する場合は「App メタデータの表示と変更」を参照してください。

App のステータスについて

App のバージョンが iTunes Connect に一覧表示されるときには、バージョンのステータス(「販売準備完了」、「提出準備中」など)、またはステータスインジケータ( ../Art/status_green_2x.png../Art/status_yellow_2x.png 、または ../Art/status_red_2x.png )が表示されます。ステータスは、App に対して注意が必要かどうかを示します。

バージョンのステータスを示すテキスト(表 12-1を参照してください)は、App が Store で利用できない原因を理解するのに役立ちます。

表に含まれる App のバージョンのステータスの説明には、App のバージョンがそのステータスであるときに、iTunes Connect のメタデータを編集できるかどうかも含まれています。

表 12-1  App のバージョンのステータス

ステータス

ステータス名

説明

編集可能かどうか

../Art/status_yellow_2x.png

提出準備中

App の iTunes Connect レコードを作成しましたが、App を審査用に送信する準備ができていません。メタデータ、スクリーンショット、App プレビュー、価格、App 内課金、Game Center、iAd App Network の設定、あるいはその他の設定がまだ作業中である可能性があります。

X

../Art/status_yellow_2x.png

審査待ち

新規 App または更新バージョンを送信し、Apple によって受信されましたが、Apple での App の審査が開始されていません。

App が審査待ちの状態の間は、以下を実行できます。

  • バイナリを却下し、Apple による審査待機リストから App を削除する。 「審査からのビルドの削除」を参照してください。

  • 特定の App 情報を編集する。

X

../Art/status_yellow_2x.png

審査中

Apple による App の審査中です。送信される App の内容はそれぞれ異なるため、審査期間の長さは決まっていません。

バイナリを却下することで、審査待機リストからバイナリを削除できます。 「審査からのビルドの削除」を参照してください。

../Art/status_yellow_2x.png

契約保留中

App の審査が完了し、販売準備が完了していますが、契約が有効になっていません。

契約の進捗状況は「契約/税金/口座情報」セクションで確認してください。 「契約と契約ステータスの表示」を参照してください。

../Art/status_yellow_2x.png

輸出コンプライアンス待ち

App の審査が完了し、販売準備が完了していますが、輸出コンプライアンスに関して CCATS ファイルを審査中です。

X

../Art/status_yellow_2x.png

デベロッパによるリリース待ち

App のバージョンが Apple によって承認され、リリース待ちの状態になっています。

準備ができたら、バージョンを Store にリリースしてください。 「App のバージョンのリリース時期の指定」を参照してください。

../Art/status_yellow_2x.png

App Store への処理中

バイナリが処理中であり、24 時間以内に販売準備が完了します。

../Art/status_yellow_2x.png

Apple リリースを保留中

該当する Apple iOS または OS のバージョンが公開されるまで、Apple が App のバージョンを保留しています。

既存の iOS または OS のバージョンで App がリリース可能であると思われる場合は、App のバイナリのデプロイメントターゲット設定を確認してください。別のデプロイメントターゲットを使用して App のバイナリをビルドし直す場合は、このバージョンを却下し、新しいバージョンを送信してください。

../Art/status_green_2x.png

販売準備完了

Apple が App のバージョンを承認し、Store に公開しました。

このステータスで可能な変更は次のとおりです。

../Art/status_red_2x.png

却下済み

Apple がバイナリを却下しました。Admin または Technical の役割を持つ iTunes Connect ユーザには、却下の理由が通知されます。

「問題解決センターの使用」 を参照してください。

X

../Art/status_red_2x.png

メタデータ却下済み

バイナリ以外のメタデータ項目が審査に合格していません。 「問題解決センターの使用」 を参照してください。

問題を解決するには、iTunes Connect でメタデータを編集してください。この問題を解決したら、審査用に App を再度送信してください。

X

../Art/status_red_2x.png

ストアから削除済み

Store から App が削除されました。

App が Store から削除される危険性がある場合、その前に問題を解決するように Apple から通知されます。

../Art/status_red_2x.png

Developer Rejected(デベロッパにより却下済み)

デベロッパがバイナリを審査待機リストから削除し、審査プロセスからバイナリを却下しました。

準備ができたら、バイナリを再送信するか、新しいバイナリを送信してください。 「バイナリの削除」 を参照してください。

X

../Art/status_red_2x.png

デベロッパによりストアから削除済み

デベロッパが App を Store から削除しました。 「App を再び販売するには」を参照してください。

../Art/status_red_2x.png

バイナリが無効

Apple がバイナリを受け取りましたが、バイナリがアップロード要件を満たしていません。

バイナリの問題を解決してください。「バージョン」でビルドを削除し、新しいビルドを選択して保存します。

X

iTunes Connect には、App のステータスの追跡と管理に役立つツールが用意されています。ステータスの変更履歴、送信に関する問題を解決するための対話型の「問題解決センター」ページ、App のステータスが変化したときに送信されるメール通知などがあります。

ステータス履歴の表示

ステータス履歴には、App のバージョンのステータス変更、変更の発生時刻、および変更者が一覧表示されます。この情報を使用して、App の審査プロセスを追跡できます。

../Art/StatusHistory_2x.png../Art/StatusHistory_2x.png
bullet
App のバージョンに対するステータス履歴を開くには
  1. 「App 詳細ページを開くには」の手順に従って「App 詳細」ページを開きます。

  2. 「バージョン」パネルの下部の「追加情報」セクションで「ステータス履歴」をクリックします。

    ../Art/AdditionalInfo_2x.png

問題解決センターの通知の表示

App が審査に合格せず却下された場合、Apple から却下の理由に関する通知が届きます。この情報は、iTunes Connect の「App 詳細」ページにも表示されます。

「App 詳細」ページの上部にある「問題解決センター」リンクをクリックします。

../Art/issues_2x.png

iTunes Connect には、App が却下された理由に関する特定の App の審査ガイドラインなど、App の却下に関する情報が表示されます。このページでは、ベータ版 App 送信に関する通知も表示できます。通知は左側の列に一覧表示されます。通知はスレッド別にグループ化され、App Review 通知はベータ版 App Review 通知の前に表示されます。通知を選択すると、右側に詳細が表示されます。詳細領域で、質問や審査情報への返答ができます。

../Art/issues_details_2x.png

バイナリを再送信して審査を求めるまでの間は、このページを使用して Apple と連絡を取ることができます。また、スクリーンショット、サポートするドキュメントのような添付ファイルの送信もできます。メタデータの問題により App が却下された場合、メタデータの問題を解決して、同じバイナリを審査用に再送信できます。

App のステータス通知の受信

App のバージョンのステータスが変化したときにメール通知を受信するように、iTunes Connect のユーザアカウントを設定できます。 「iTunes Connect ユーザの表示と編集」 を参照してください。通知を設定するときには、該当する Store のテリトリ、または全世界の App ステータスを選択してください。

すべてのユーザは自分の通知ステータスを設定できます。Admin の役割を持つユーザに変更してもらう必要はありません。

App のステータスの変更

ステータスの変更の多くは、iTunes Connect でのデベロッパによる変更、または Apple による変更に伴って自動的に発生します。ただし、以下の場合には、デベロッパが App のステータスを直接設定します。

App のバイナリのアップロードが可能になった場合。 App の iTunes Connect レコードをはじめて作成したとき、App のステータスは「提出準備中」です。必須の設定とメタデータをすべて入力しバイナリを選択した場合、「審査へ提出」をクリックすると、App のバージョンのステータスが「審査待ち」に変わります。詳細については 「App の送信」 を参照してください。

バイナリを送信してから Apple の審査が完了するまでの間。 ステータスが「審査待ち」または「審査中」である期間中にバイナリの問題を修正する場合、審査からバイナリを削除することで Apple の審査待機リストから App を削除できます。後で、同じバージョン情報を使用して、バイナリを再送信できます。バイナリを削除せずに Apple による審査が完了するまで待つ場合は、iTunes Connect で新しいバージョンを作成し、更新済みのバイナリを送信する必要があります。 「審査からのバイナリの削除」 を参照してください。

App Store または Mac App Store に表示中の App を削除する場合。 マーケティング上の理由や、Store で配布中の App のバージョンに問題が見つかったという理由により、App を Store から削除できます。Store の App を置き換えることができ、App の再審査は不要です。 「App の Store からの削除 」を参照してください。

審査からのビルドの削除

審査からビルドを削除すると、App のバージョンは Apple の審査待機リストから削除され、ステータスが「デベロッパにより却下済み」に変化します。App を再送信すると、審査プロセスは最初から開始されます。

ステータスが以下のいずれかである場合、送信済みのビルドを削除できます。

bullet
審査からビルドを削除するには
  1. 「App 詳細ページを開くには」の手順に従って「App 詳細」ページを開きます。

  2. 「バージョン」で、App のメタデータの上に次のメッセージが表示されます。「審査待ちのバージョンでは、すべての情報を編集可能です。新しいビルドを送信するには、このバージョンを審査から削除する必要があります。」「このバージョンを審査から削除」をクリックします。

    ../Art/RemoveFromReview_2x.png

App の Store からの削除

App を Store から削除すると、その App のすべてのバージョンが Store から削除されます。App の旧バージョンを持つユーザは、App を更新できなくなります。

bullet
Store から App を削除するには
  1. 「App 詳細ページを開くには」の手順に従って「App 詳細」ページを開きます。

  2. 「価格」をクリックします。

    ../Art/AppDetails-menu-3_2x.png
  3. Store のテリトリリストを開きます。

    • App が一部のテリトリでのみ利用可能である場合は、テリトリのリストが表示されます。

    • App がすべてのテリトリで利用可能である場合は「特定の地域」リンクをクリックしてテリトリのリストを開きます。

      ../Art/apps_available_pricing_link_2x.png
  4. 「すべての選択を解除」をクリックします。

  5. 「保存」をクリックします。

ステータスが「デベロッパによりストアから削除済み」に変化します。App は 24 時間以内に Store に表示されなくなります。

以前に Store から削除した App を再び販売するには、App を販売するテリトリの Store に戻す必要があります。

bullet
App を再び販売するには
  1. 「App 詳細」ページで「価格」をクリックします。

    ../Art/AppDetails-menu-3_2x.png
  2. Store のテリトリリストを開きます。

  3. App を販売するテリトリを選択します。

    「すべてを選択」をクリックするか、App を販売するテリトリを個別に選択します。

  4. 「保存」をクリックします。

ステータスが「デベロッパによりストアから削除済み」から「販売準備完了」に変化します。24 時間以内に App が Store に再表示されます。

テリトリの権利情報の変更

バージョンのステータスが「販売準備完了」であるときに、App のそのバージョンを利用可能にするテリトリを変更できます。App を利用可能にするテリトリを追加するために、あらかじめ準備をしておくことが可能です。このためには、App を利用可能にする前に、目的のテリトリで使用される言語のサポートを設定します。

App のテリトリの権利を変更した後、すべての地域の Store で App の配信状況が更新されるまで、最大 24 時間かかります。

bullet
App を利用可能にするテリトリを変更するには
  1. 「App 詳細」ページで「価格」をクリックします。

    ../Art/AppDetails-menu-3_2x.png
  2. Store のテリトリリストを開きます。

    • App が一部のテリトリでのみ利用可能である場合は、テリトリのリストが表示されます。

    • App がすべてのテリトリで利用可能である場合は「特定の地域」リンクをクリックしてテリトリのリストを開きます。

  3. App を販売するテリトリを選択します。

    「すべてを選択」をクリックするか、App を販売するテリトリを個別に選択します。

  4. 「保存」をクリックします。

新規のテリトリまたは変更したテリトリの Store が 24 時間以内に更新されます。

App の配信開始日の変更

App を Store から削除したり、Store に戻したりすることにより、App の配信状況をいつでも変更できます。App の配信開始日を未来の日付にすると、その日付になるまで App は Store から削除された状態になります。すべてのテリトリの Store で App の配信状況が更新されるまで、最大 24 時間かかります。

App の承認前は、App の配信開始日を任意の未来の日付に設定しておくことが可能です。App が Apple により承認されたときに、App を Store に表示する時期をより具体的に決定できます。

bullet
App を Store で利用可能にする時期を変更するには
  1. 「App 詳細」ページで「価格」をクリックします。

    ../Art/AppDetails-menu-3_2x.png
  2. 「配信開始日」ポップアップメニューから新しい日付を選択します。

  3. 「保存」をクリックします。

価格帯変更の事前設定

有料 App 契約を締結している場合は、iTunes Connect を利用して、時間の経過に伴う App の価格帯変更を事前に設定できます。事前設定は、開始日と終了日を指定した期間限定販売や一時的な価格変更の際に便利です。また、終了日なしの恒久的な価格変更にも利用できます。たとえば、プロモーション価格を 1 カ月間提供した後で、通常価格に戻すことができます。

価格帯変更を事前に設定するには、App をすでに送信している必要があります。すでに送信済みの App を編集する場合にのみ、価格スケジュールのオプションが表示されます。各価格帯について、適用開始日(Store で新たな価格帯が有効になる日付)と適用終了日(価格帯が無効になり、元の設定価格帯に戻る日付)を設定できます。

価格帯の変更は必要な数だけ設定できます。価格帯の変更のそれぞれについて、指定した適用開始日に App 価格が変更されます。1 年以上先の期間を指定することはできません。価格帯のスケジュールは App の「価格」セクションに表示されます。

価格帯のスケジュールには、各価格帯の適用開始日と適用終了日が表示されます。

../Art/apps_price_tier_schedule_2x.png

上記の例では、App が一定期間無料で提供されます。2013 年 8 月 1 日になった時点で、価格が価格帯 1 に上昇しています。価格は 2013 年 10 月 1 日になった時点で価格帯 2 に上昇し、2014 年 1 月 1 日になった時点で価格帯 3 に再び上昇します。その後の価格帯の変更を事前設定しない場合、価格は価格帯 3 のままになります。

デフォルトでは、価格の開始日は「適用中」(現在有効な価格)、終了日は「なし」(無期限で価格変更なし)に設定されています。価格を変更するには、変更期間を追加します。適用開始日と適用終了日は次のとおりです。