ユニバーサル購入を提供する

AppのiOS、iPadOS、watchOS、macOS、tvOSの各バージョンをユニバーサル購入として配信すれば、お客様がプラットフォームの壁を越えてAppやApp内課金を手軽に楽しめるようになります。お客様はApp Storeで一度購入するだけで済みます。

設定と要件

Appをユニバーサル購入として一緒に配信するには、それらのAppに単一のバンドルIDを使用し、App Store Connectで同じAppレコードに関連付ける必要があります。

各プラットフォーム向けのあらゆるバージョンのAppに使用する新しいAppレコードを作成するか、既存のAppレコードに別のプラットフォーム向けのバージョンを追加することができます。

AppをAppレコードにアップロードする際は、単一のバンドルID(英語)を使用してください。そのバンドルIDはApp Store Connectに入力するバンドルIDと一致している必要がありますが、それぞれのAppのバージョン番号やビルド文字列は異なっていてもかまいません。ビルドをApp Store Connectにアップロードした後で、バンドルIDを変更したり、App IDをデベロッパアカウントから削除したりすることはできません。

Appをユニバーサル購入として配信するには、少なくとも2つのプラットフォーム向けのバージョンがApp Reviewで承認される必要があります。一度承認されると、ユニバーサル購入を無効化したり、Appレコードから1つのプラットフォーム向けのバージョンを削除したりすることはできません。

その他の留意点

iPhoneとiPad。iPhoneとiPad向けのAppを提供する場合は、Appを両方のデバイスに対応させる(英語)だけでかまいません。

Apple Watch。iPhoneとApple Watch向けのAppを提供する場合は、iOS AppとそのwatchOSバージョン(英語)をXcodeで作成し、それらのAppを同じXcodeプロジェクトからApp Store Connectにアップロードします。Apple Watch専用のApp(英語)をユニバーサル購入の一部として配信することはできません。

Mac Catalyst。Xcode 11.4(英語)では、Mac Catalystで構築したMac Appで、そのAppのiOSバージョンと同じバンドルIDを使用し、ユニバーサル購入に対応させることができます。Mac App Store上にある、Xcode 11.3以前のMac Catalystで構築したAppについては、Appレコードに別のプラットフォーム向けのバージョンを追加することはできません。

複数のAppレコード。現在、複数のプラットフォーム向けのAppを別々のAppレコードで配信している場合、それらのAppレコードを結合することはできません。ユニバーサル購入を提供するには、1つを除くすべてのバージョンのAppをApp Storeから削除し、残したAppのレコードに他のバージョンを追加するようにしてください。AppをApp Storeから削除すると、App Storeで元のプロダクトページは利用できなくなり、既存のユーザーにアップデートを提供することもできなくなります。評価とレビューが新しいプロダクトページに引き継がれることはありません。

App内課金とサブスクリプション

購入したApp内課金アイテムは、Appの複数のプラットフォーム向けバージョンで利用できるよう設定できます。まずApp Store Connectの「機能」タブでApp内課金を1つ作成し、StoreKitを使用してそのApp内課金をAppのさまざまなプラットフォーム向けバージョンに実装します。

App内課金の作成についてさらに詳しく

Appバンドル

Appは、App StoreでAppバンドルとして提供することができます。これには、ユニバーサル購入の一部であるAppも含まれます。Appバンドルを設定すると、お客様が最大10個のAppをまとめて容易にダウンロードできるようにすることができます。ユニバーサル購入の一部であるAppも、バンドル内では1つのAppとしてカウントされます。それぞれのAppバンドルには専用のプロダクトページが用意されるため、固有のアイコン、名称、説明を表示することができます。

Appバンドルについてさらに詳しく

Appアナリティクス

App Store ConnectのAppアナリティクスを使用すると、ユーザーエンゲージメント、マーケティングキャンペーンのパフォーマンス、収益性を測定することができます。ユニバーサル購入を提供している場合、複数のプラットフォームでAppをダウンロードして起動したユーザーの人数を確認することができます。

Appアナリティクスについてさらに詳しく