App レコードの作成

プラットフォームの追加

アプリにプラットフォームを追加してユニバーサル購入を作成すると、1 つのプラットフォームでアプリやアプリ内課金を購入したユーザが、ほかのプラットフォームでも同アプリ・アプリ内課金にアクセスできるようになります。たとえば、既存の iOS アプリに macOS、tvOS、visionOS のバージョンを追加すると、iOS、visionOS、macOS、tvOS のアプリをまとめて販売できるようになります。

バージョンを新しく作成するときと同様に、macOS、tvOS、visionOS の App は、iOS App と同じ Apple ID (App の識別子)、SKU、バンドル ID を使用します。

iPhone および iPad:iPhone と iPad で提供するアプリは、両デバイスをサポートする必要があります。

Apple Watch:iPhone と Apple Watch でアプリを提供するには、Xcode を使用して iOS 版と watchOS 版アプリを作成し、同じ Xcode プロジェクトから App Store Connect にアプリをアップロードします。watchOS のアプリ情報を追加する方法は、こちらを参照してください。Apple Watch 専用アプリは、ユニバーサル購入に含めることはできません。

Mac Catalyst:Xcode 11.4 以降では、Mac Catalyst でビルドされた Mac アプリは iOS 版アプリと同じバンドル ID を共有でき、ユニバーサル購入がサポートされています。Xcode 11.3 以前のバージョンで Mac Catalyst を使用してビルドされた Mac App Store 向けアプリは、アプリレコードにプラットフォームバージョンを追加することはできません。

Apple Vision Pro:「子ども向け」カテゴリに分類されたアプリは、visionOS で配信することはできません。

複数のアプリレコード:別々のアプリレコードを介して複数のプラットフォームで配信されているアプリは、アプリレコードをマージすることはできません。ユニバーサル購入を提供するには、1 つのバージョンを残してほかすべてのバージョンを販売対象から削除し、それらを残したバージョンのアプリレコードに追加します。アプリが販売対象から削除されると、現行の App Store プロダクトページは利用できなくなり、既存のユーザに対してアップデートを提供できなくなります。評価とレビューは、再掲載するプロダクトページには引き継がれません。

macOS、tvOS、visionOS プラットフォームを既存の iOS App に追加する際は、個別の Xcode ターゲットから macOS、tvOS、visionOS のビルドをアップロードする必要があります。Xcode プロジェクト内で、iOS App と同一のバンドル ID を設定してください。ただし、macOS App、tvOS App、visionOS App のバージョン番号やビルドの文字列は、各々 iOS App とは異なっていてもかまいません。

注:アプリは、App Store Review で少なくとも 2 つのプラットフォームバージョンが承認されると、ユニバーサル購入として利用できるようになります。これが完了すると、ユニバーサル購入を無効にしたり、アプリレコードからプラットフォームバージョンを 1 つも削除したりすることはできなくなります。

App Store Connect API を使用してプラットフォームを追加する方法についてはこちらを参照してください。

必要な役割:Account Holder、Admin、または App Manager。「役割の権限」を参照してください。

  1. 「アプリ」から、目的のアプリを選択します。ページが開き、「配信」タブが選択されます。

  2. サイドバーの「プラットフォームを追加」をクリックします。

  3. 「プラットフォームを追加」ダイアログが表示されるので、追加するプラットフォームを選択し、「追加」をクリックします。

    プラットフォームのバージョンが作成され、バージョン番号「1.0」が付番されます。サイドバーではそのバージョンが選択された状態になります。「App 情報」の「バージョン」セクションで、バージョン番号を変更できます。

    「プラットフォームを追加」のダイアログ
  4. 新しいプラットフォームバージョンのメタデータを確認し、入力します。

    プラットフォームを追加すると、プロモーションテキスト、説明、スクリーンショットを除く既存のプラットフォームバージョンのメタデータが新規プラットフォームバージョンに引き継がれます。

    バージョンのプロパティの詳細については、「プラットフォームバージョン情報」を参照してください。必須プロパティやローカライズ可能なプロパティについては、「必須プロパティ、ローカライズ可能なプロパティ、編集可能なプロパティ」を参照してください。

プラットフォームの削除については、そのプラットフォームのビルドが一度もアップロードされておらず、既存のプラットフォームバージョンのうち 1 つ以上が編集可能な App ステータスとなっている場合に、Account Holder または Admin が実行できます。条件を満たしている場合は、削除するプラットフォームにカーソルを合わせて、右側に表示される削除ボタン (–) をクリックすると削除できます。